潜水艦の見学

海上自衛隊潜水艦ずいりゅう(左手)


1.4回の見学の対比

 実は私は、これまで3回、潜水艦の中を見させていただいたことがある。それと4回目の今回を合わせると、次のようになる。

 第1回 見学年1986年 型式U−1 第1次世界大戦前の潜水艦第1号 大きさ42.2mX3.8m 最大速度水上10ノット(水中5ノット)、航続距離278km 乗員12名。ミュンヘンのドイツ博物館にて。

 第2回 見学年1981年 型式U−505 第2次世界大戦時の大型潜水艦 大きさ76.8mX6.9m 最大速度水上19ノット(水中7ノット)、航続距離47,450km 乗員48名から56名。シカゴの科学産業博物館にて。

 第3回 見学年2008年 型式ゆうしお 海上自衛隊潜水艦あきしお(2004年3月除籍) 大きさ76.2mX9.9m 最大速度水中20ノット 乗員75名。海上自衛隊呉資料館にて。

 第4回 見学年2017年 型式そうりゅう 海上自衛隊潜水艦ずいりゅう 大きさ84.0mX9.1m 最大速度水上水中20ノット 乗員70名。横須賀の第2潜水艦群司令部にて。


2.潜水艦U−1

 私は、1986年に、ドイツのミュンヘンにあるドイツ博物館の見学に行った。そこで見たのが、型式U−1、ドイツ海軍潜水艦第1号である。第1次世界大戦前の1906年に就航し、同大戦中には訓練用に用いられたという。ともかく小さくて、丸木舟に毛が生えた程度ではないかと思ったが、石油エンジンと電動モーター、魚雷発射管など、今日の潜水艦の要素をすべて備えている。


潜水艦U−1


潜水艦U−1


潜水艦U−1





3.潜水艦U−505

 1981年にシカゴを訪れたとき、シカゴ科学産業博物館を見学した。そのときの展示の目玉が、第2次世界大戦時のドイツの大型潜水艦U−505である。これは、連合国が拿捕してドイツの暗号機エニグマを入手したことで有名になった。まるでおもちゃのようなU−1に比べれば、その圧倒的な大きさに驚いた記憶がある。


潜水艦U−505


潜水艦U−505





4.潜水艦あきしお

 2008年に広島県呉市の大和ミュージアムを見学に行ったことがある。すると、道路を隔ててその反対側に、大きな潜水艦が鎮座しているから驚いた。これは、海上自衛隊呉資料館(愛称:てつのくじら館)に置かれている本物の潜水艦あきしおで、現役として18年間活躍し、2004年3月に除籍になったものである。同資料館3階から艦内に入ることができて、発令所、艦長室、士官室を見学することができる。発令所では、潜望鏡を上げ下げする体験ができた。なお、外に展示して誰でも見られるので、機密性の高いスクリューだけは、本物を取り外してイミテーションのものに付け替えたという。


潜水艦あきしお





5.潜水艦ずいりゅう



潜水艦ずいりゅう(左手)


潜水艦ずいりゅう(右手)


 今回は、横須賀市の在日米軍基地内にある第2潜水隊群に属する「潜水艦ずいりゅう(瑞龍)SS505」を見学した。諸元は、全長84m、最大幅9.1m、基準排水量2,950トン、水中速力20ノット、主機関ディーゼル・スターリング電気推進、乗員数70名である。ちなみに、これは「そうりゅう型」といわれるタイプで、2009年1月からの就役で、現在8隻ある。海上自衛隊の潜水艦26隻中では最新の型式で、これに至るまで、次の2つの型式がある。

 「はるしお型」7隻。1990年11月から就役。「水中行動能力、索敵及び攻撃能力が向上し、静粛性も相当進歩した。7番艦はスノーケルが自動化され試験的にスターリング・エンジンを搭載した。」。ちなみに、スターリング・エンジンとは、シリンダー内のガスを加熱・冷却しで回転力を得る形の熱機関である。静粛で熱効率が高いので、潜水艦に搭載してそのバッテリーに充電する用途には最適とされている。しかし、最新型でも11mと大きいので、その分、潜水艦の居住部分が小さくなる。加えて、液体酸素タンクを備えているので、万が一それが漏れ出しすと大爆発を起こしかねないという問題がある。

 「おやしお型」11隻。1998年3月から就役。「船型がこれまでの涙滴型から葉巻型になった。新たにソーナー・アレイが装備され索敵能力が向上した。船体やセイルはステルス性を考慮した形状となり、吸音タイルが装着され極めて高い隠密性が達成された。」


スターリング・エンジン搭載の潜水艦


 「そうりゅう型」8隻。2009年1月から就役。「おやしお型を発展させ、スターリング・エンジンを搭載したAIP潜水艦である。艦尾舵をX舵としたことにより、運動性能が大幅に向上した。新たに非貫通潜望鏡を搭載し索敵能力が向上した。」。ちなみに、AIPとは、「非大気依存推進(Air-Independent Propulsion)」の略で、原子力推進の潜水艦を持たない国において、潜水艦に搭載して電池を充電するエンジンとして、閉サイクル・ディーゼルエンジン、スターリング・エンジン、燃料電池などのシステムを総称するものである。

潜水艦ずいりゅう内部


 桟橋に停泊している潜水艦ずいりゅうを見ると、確かにその艦尾の舵がX型らしく、水面に出ている部分がV字形をしている。これまで、潜水艦の艦尾といえば十字形だと信じていたのに、これには驚いた。しかし、この方が水中での回転などの運動性能が上がるらしい。さて、ずいりゅうのハッチから艦内に入るのだけど、最初から大変だ。6mほど垂直に垂れ下がっている梯子を下って行くのである。床に着いて、我々のグループはまず発射管室を見学した。その区画に行くには、丸い狭い穴でつながっている。両足を先に入れ、身体を斜めにしてようやく通り抜ける。すると、左右に2本、真鍮色の魚雷があった。触ると、ひやりとして冷たい。その前方には発射管があって、いざという時にはその蓋を開けて油圧で魚雷を入れ、管内を海水で満たして発射するという。この89式魚雷は重さが1.76トンで全長6m、エンジンで走行し、有線誘導方式だという。魚雷といえば旧海軍の酸素魚雷が有名であるが、89式も日本製だ。潜水艦によっては、米国製のMk魚雷もあるという。私は、魚雷というものは、てっきり船の横腹に穴を開けて沈めるものだと思っていた。ところが、それは先の大戦の頃の話で、最近は目標の船の真下で爆発させて持ち上げ、そこに真空を作り出して落とすことによって、船のキール(竜骨)を折って構造を破壊するものだそうだ。このほかの装備として、米国製のハープーン・ミサイルも備えている。

 次に発令所に入ると、狭いところにたくさんのスクリーンが並んでいる。船の操縦、ソナー、通信、戦術などに分かれている。中央に艦長席がドーンとあるのかと思っていたが、そんなものはない。何のことはない、発令所の片隅で、パイプ椅子に座っているらしい。しかも、普段はその椅子が片付けられているというから、いかにも日本の船らしい。どうにも可笑しくて、思わず笑いたくなる。船の操縦が、2つのジョイ・スティックで行われている。それがまるでゲーム機のようで、場にそぐわないと思って、これも何となく妙な気がする。でも、現代の戦闘は、まるでコンピューターゲームのような仕組みで戦われるものなのかもしれない。

 潜望鏡は、昔の潜水艦は上げ下げして光学的に外を眺めていたものだが、現代の潜水艦は、そういう光学的なものではなく、船体殻を貫通させない潜望鏡だという。つまり、外の風景をカメラに撮って、それをデジタル映像として発令所のスクリーンに映し出すのである。これもジョイ・スティックであるから、視野をぐるぐる回せて、とても早い。良く見ると、画面の真ん中に縦に不思議な線が入っている。「これは何ですか。」と聞いたら、「海鳥の糞が付いたのではないですか。」という。「潜航すれば自然に落ちるが、今は停泊中なので、皆が帰ってから、潜望鏡を下げて洗い流します。」とのこと。やれやれ、飛行機へのバード・ストライクのようなもので、それほど深刻ではないが、それでも大変だ。

 科員食堂に入る。狭い狭い区画で、座るのが精一杯だし、テーブルがとても狭い。バナナがぶら下がっていたり、グレープフルーツが箱に一杯だったりして、どこか生活臭を感じる。6時間勤務で、1日4回、食事をするようだ。それでいて、乗組員の皆さんは、あまり太っていない。ところが、長い航海だと、本来は24時間であるべき身体のリズムが、18時間になってしまうという。潜水艦の乗組員は、何ヶ月も太陽を見られず、シャワーも浴びられないし、単調な生活が続くし、時には空調システムを止めるから艦内が暑くなり、どうにもならないらしい。とりわけ、音を出してはいけないので、器械を使う筋トレは厳禁となっているから、腕立て伏せ、読書、DVDの視聴、仲間内でのゲームというのが、唯一の楽しみだという。こうした勤務の過酷さからして、潜水艦乗組員の食事や報酬は、パイロット並みとまではいえないものの、それなりに優遇されているそうだ。

 艦体の梯子をよじ登り、やっと艦外に出てきた。船体を改めて眺めると、側面にソナーが並んでいる。なるほど、これまでは前面と曳行式のソナーだけだったところへ、両側面に、しかも並んで付けたことにより、能力が大きく向上したとのこと。一緒に行った友人と、1枚、パチリと記念写真を撮った。潜水艦の乗組員の皆さんは、こういう太陽の光も届かないところで何ヶ月も、家族と離れて音を出さない緊張した生活を過ごしている。本当にご苦労様という気がする。なお、AIPは、スターリング・エンジンから燃料電池に移行する研究が進められているというし、肝心の電池が大容量のリチウム・イオン電池へと切り替えられる方向にあるという。潜水艦の更なるグレードアップが図られるようだ。


6.参考資料

 最後に、案内をいただいたときのパンフレットの一部を掲載しておく。


第2潜水艦隊群資料より


第2潜水艦隊群資料より


第2潜水艦隊群資料より


第2潜水艦隊群資料より


第2潜水艦隊群資料より






(2017年10月15日記)


カテゴリ:エッセイ | 20:17 | - | - | - |
奈良のお寺を巡る旅

平城京跡に立つ大極殿


1.弾丸ツアーを企画

 奈良の薬師寺で食堂(じきどう)が完成し、田渕俊夫画伯が「阿弥陀三尊浄土図」など全長約50メートルに及ぶ大壁画を奉納したそうだ。それを記念して、今年11月まで一般公開をしているという。また同時に、興福寺でも「興福寺国宝特別公開2017 阿修羅〜天平乾漆群像展」が開催されているとのことで、どちらも行ってみたくなった。特に阿修羅像は、学生時代に2度ほどお目にかかったものの、その後、何回か興福寺を訪れたが、他に出展中だったりして、ほとんど観る機会がなかった。だからこの際、奈良に行って観てこようと考えた。

 この2つなら、東京から行っても観るのに半日もあれば十分だ。しかし、問題は奈良での交通手段である。バスで行けないことはないが、それを待っていては、なかなか回れない。ツアーでは、今回のような見学は無理だ。そこで、タクシーを半日、借り上げることにした。すると機動性が増して、もっとお寺を回ることができる。費用は3万円だが、奈良ホテルに一泊したと思えば安い。ということで、まずタクシーをインターネットで予約した。東京から午前8時の新幹線に乗ると、京都に10時過ぎに着き、そこから近鉄特急に乗ると大和西大寺駅に午前11時に到着する。そこからタクシーに6時間乗っても、暗くなる前に回ることができる。

 そういうことで、奈良の地図を見ながら、大和西大寺駅 → 平城京跡 → 唐招提寺 → 薬師寺 → 興福寺 → 東大寺 → 春日大社 → 近鉄奈良駅、というコースを作って、タクシー会社にお願いした。近鉄奈良駅からは、特急で京都駅に行き、そこで食事をして帰京するというコースである。このスケジュールに従って、新幹線の切符(大人の休日倶楽部)、近鉄特急の切符を近鉄のHPでチケットレスのものを買い、京都駅近くのレストランを押さえて(ぐるなび)、手配が終わった。今から思うと、「奈良のお寺を巡る弾丸ツアー」と言ってもいいくらいだ。それにしても、個人でこれくらい簡単に、ほんの僅かな時間で手配できるのだから、そのうち旅行会社などは無くなってしまうかもしれないと思うほどである。

 ちなみに、私が最後に奈良に行ったのは、2009年7月だから、もう8年以上も前のことだ。そのときは、デジタル一眼レフを買って嬉しくて、初めて夜景を撮りに行ったものであるが、意外と美しく撮れたので、感激したことを覚えている。夜景は、春日神社の一ノ鳥居、浮見堂、仏教美術資料研究センター、東大寺南大門の金剛力士像、興福寺五重塔、猿沢池の柳を撮り、昼景は、春日神社、東大寺大仏殿、若草山を撮影したものである。それに比べて今回は、昼間のお寺を巡る旅なので、はてさて、どうなるのだろうか。いずれにせよ、大仏以外の仏様は、どれも撮影が禁じられているから、寺院の外観だけを写してくるほかない。


2.平城京跡

 さて、旅行当日、新幹線は順調に走り、京都駅に到着した。私の好きな八つ橋の「おたべ人形」が迎えてくれた。それから、中央改札口より近鉄に乗る。特急電車が走り出したと思ったら、もう大和西大寺駅に着いてしまった。例の、お坊さんのような少年の頭に鹿の角を生やしている「せんとくん」の像が迎えてくれる。これをどう贔屓目に見ても、私はあまり好きではないのだが、もはや奈良では定着しているようだ。駅の階段を上がると、約束していたタクシー会社の運転手さんが迎えてくれた。「目的は、写真を撮ることと、薬師寺食堂と興福寺展の見学で、後は付け足し程度と思ってください。」と伝える。


000.jpg


000.jpg


 平城京跡は、延暦3年 (784) 年に都が長岡京に移転した後、長い間、忘れられていた。戦後になって特別史跡に指定されて、1998年には朱雀門が復元された。ここまでは、私も見たことがある。その後、平城遷都1300年の2010年に、更にそこから800m離れた所に太極殿正殿(冒頭の写真で、これを裏側から撮ったもの)が復元され、またそれらを囲む長い塀が整備されるなどして、形を整えつつある。私が学生時代の頃には、ここは近鉄電車がすぐ近くを通るだけの全く何もない原っぱだった。今回、それを見に来たのだが、問題は、周りに駐車場がないことである。そればかりか、道路は狭くて曲がりくねっているので、車を停めてゆっくり写真を撮る場所すらない。つまり、タクシー観光には最も不向きなところというわけだ。 もちろん、整備が完了すれば、そういうこともなくなるのだろうが、ともあれ、現状は何ともならない。だから、道の脇の僅かなスペースに停めて太極殿を撮影したり、朱雀門などは走る車の中から撮ったりという有り様になった。だから、この2つは、ただ撮っただけである。


3.唐招提寺

 唐招提寺に着いた。平城宮跡からほど近い。戒律の専修道場として、759年に創立されたお寺である。唐の高僧であった鑑真は、聖武天皇の願いによって日本に渡ることを決意し、5回に及ぶ難破のすえに失明しながらも、ようやく来日して我が国に戒律を伝えた。その経緯は、私が中学生のときに読んだ井上靖の小説「天平の甍」に詳しい。だから昔から、身近に感じているお寺だ。


唐招提寺の国宝である金堂


 国宝の金堂(8世紀後半)に近づいていくと、8本のエンタシスの柱が美しい。運転手さんが、「正面の2本の柱の間隔が、端の方の柱の間隔より狭いでしょう。遠近法で建物を大きく見せる工夫ですわ。うまく作らはりまんな。」と解説する。そういえば、そうだ。これまで何回もこの金堂を見ているが、こういう解説は初めてである。内部の写真は撮れないが、拝観すると、内陣には高さ3メートルの本尊である盧舎那仏坐像があり、こちらが宇宙の中心である。その左右に、薬師如来立像(現世の苦悩を救済する)、十一面千手観世音菩薩立像(理想の未来へ導く)がある。更に本尊の脇士として、等身大の梵天・帝釈天立像が、須弥壇の四隅に四天王立像があり、曼荼羅世界を現している。

拝観パンフレットより


 同じく国宝の講堂(8世紀後半)は、元々、平城宮の東朝集殿を移築したもので、宮殿建築そのものだそうだ。なるほど、こういう形でなければ、1200年も前の宮殿の建物が残ることはなかったろうと思う。本尊は弥勒如来座像(将来、必ず如来として出現し、法を説くとされる)で、持国天と増長天が併せて置かれている。この2天は、半世紀以上も前の中学校の美術の教科書にあった。

松尾芭蕉の一句


 運転手さんが、「鑑真大和上のお姿は御影堂にあるんやけど、毎年6月の三日間しか見せてもらえまへんよって、最近、こういうものができたんですわ。」と言って、御身代わり像という模造が置かれている。「平成御影像」として、2013年に落慶したそうだ。階段を登って近づいてみると、日焼け防止の青いガラスに遮られて、今ひとつよく拝むことができなかった。


4.薬師寺

 薬師寺は、私の学生時代には、立派な東塔とやや貧弱な金堂があっただけだった。度重なる戦乱や火事で、伽藍中の数多くの建物が失われていったかたである。ところが、この残った東塔だけは白鳳時代の白眉と言われた素晴らしい建物である。一見すると六重の塔のように見えるが、真ん中の小さな屋根は裳階(もこし)という覆いのようなもので、実際は三重の塔だということを習った記憶がある。なぜ覚えているかというと、高校入試の範囲に含まれていたからだ。美術は、高校入試の9科目(英数国社理、体育、音楽、技術家庭、美術)の一つだったのである。

 その後、伝説的な説教師である高田好胤師が出て、薬師寺は一変した。同師(その後、管主)は、特に修学旅行生に対する話術で名を上げ、次第に一般の方からも評判となった。ただ、いわゆる「受け」を狙った話し方をしたこともあったそうである。運転手さんによれば、御釈迦様の絵をわざわざ逆にして示し、それを見た生徒たちがざわめくと、「おっと失礼。これこそ『お逆さま』でした。」と言って笑いをとっていたから、眉を顰める向きもあったそうだ。ところが、その人間的な魅力で、金堂の復興のために浄財集めのお写経勧進に邁進し、遂に百万写経を達成して、金堂が出来上がった。それから、西塔、大講堂、食堂(じきどう)と、次々に整備されていった。


薬師寺金堂


薬師寺大講堂


薬師寺西塔 width=


 金堂には、国宝の薬師三尊が鎮座している。中央が薬師如来(東方浄瑠璃浄土の救主で、またの名を医王如来と言い、人々の身と心の病を救う。)、向かって右に日光菩薩、左に月光菩薩の脇侍が控えている。いずれも光背が光り輝く金色であるのに対して、仏様の本体はブロンズ色で、どうもマッチしないなと思っていた。しかし運転手さんが言うには、薬師三尊は、本来は金箔が置かれた輝くばかりの仏様だったのだが、度重なる戦乱で焼かれて金箔が剥げ落ちて、このようなお姿になったのだそうだ。凛とした表情を見せながらも目ざしが優しい薬師如来に対して、脇侍の日光・月光菩薩は身体を自然に曲げて、見方によれば実に魅力的なお姿をしている。



拝観パンフレットより


 大講堂は、本当に大きな建物である。本尊は彌勒三尊で、国宝の仏足石があった。玄奘三蔵院伽藍には、故平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」が納められている大唐西域壁画殿があり、まるで砂漠やヒマラヤ山中を旅している気分になる。いずれも、非常に見事なものである。西塔の向かいの大きな覆いは解体修理中の東塔であり、10年間の予定で作業中で、2020年中頃に完成するだろうということだった。

玄奘三蔵院伽藍


 さて、私が今回の旅の一つの目的は、薬師寺食堂の「阿弥陀三尊浄土図」の見学である。食堂は非常に大きな建物で、その3面、計50mにわたって「仏教伝来の道と薬師寺」が並べられている。入って左手に、唐へ向かう遣唐使船とその帰ってくる姿が描かれ、写実的である。正面には阿弥陀三尊浄土図があり、いずれも誠に凛々しくて品のある仏様である。更に右手には、飛鳥川と大和三山の畝傍山らしき「うねび」、耳成山のような「みみなし」、そして香具山らしい「あまのかぐやま」と題する一連の絵で、奈良の街をやや斜め上空から見た鳥観図が、春夏秋冬に分かれて4枚、展示されている。私はこれらから醸し出されるほのぼのとした雰囲気に非常に感じ入って、しばらく立ち止まって眺めていた。最後の右手の壁には、碁盤の目が強調された平城京の街が、薄い緑色で描かれている。もちろんその中には、薬師寺もあるという趣向である。青葉が萌えるようで、非常に清々しい。これは、良い絵を見せてもらった。

絵の配置図。拝観パンフレットより







5.興福寺



興福寺五重塔。猿沢の池越しに見る。


 いよいよ興福寺に到着した。「阿修羅 天平乾漆群像展 興福寺国宝特別公開2017 興福寺中金堂再建記念特別展」と題するパンフレットをいただいて入場する。これは実に良く書けているので、以下、それを逐次、引用しながら感想を記しておきたい。正面におわしますのは、本尊の阿弥陀如来(西方極楽浄土の教主)である。「宣字形裳懸座に結跏趺坐し、左手は膝の上で掌を上に親指と人差し指で輪を作り、右手は曲げて掌を前方に向け、親指と人差し指で来迎印を結ぶ。平安時代後期に流行した定朝様式が踏襲されている。」と、難しく解説されているが、正面に立ち、ふと仏様を見上げると、仏様と目が合った気がした。



展覧の像の配置図


拝観券に描かれた阿修羅像


 何といっても、是非とも観たかったのが、阿修羅像で、阿弥陀如来像の向かって左手に安置されていた。高さは153.4cmだが、置かれているところが高いから、その顔が私のすぐ前にある。学生時代に2回、勤め始めてから1回、お目にかかっているから、4度目である。しかし、これほど間近に観るのは、初めてだ。なるほど、何回観ても、少年の顔そのものである。少年とは言っても、よくよく観ると、なかなかに憂いを含んだお顔をされている。それが、3つもあるとは・・・その内面には、非常に複雑なものがあるといえよう。解説には、「八部衆はインド神話に登場する神々で、仏教に帰依してその守り神となった。」とあり、阿修羅はその筆頭である。「阿修羅はインド神話に登場する戦闘の神で、・・・一般的には激しい怒り顔で3つの顔と6本の腕を持つ姿に表されるが、興福寺の像には怒りや激しさが見えず、表情は繊細で内向的であり、腕と体が細い少年の姿で表される。その表情には懺悔という仏教で重要な宗教行為が反映されているとも推定される。」とのこと。専門家にも、この像の解説は難しいらしい。

 また、阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)の金剛力士像が、誠に素晴らしい。中学生の頃、美術の教科書に乗っていたこの像を見て、まるで鍛えられた力士像のような写実性に驚嘆してしまった。今回の説明でも、「金剛力士は、口を開いた阿形と口を閉じた吽形が1組となり通常は仁王門などに安置されるが、奈良時代には堂内の須弥壇上に置かれる場合が少なくなかった。この1対は・・・鎌倉初期彫刻の特色である写実性、激しい動き、力強さが顕著で、それに加えて強い風が意識され、筋肉が凹凸をもって隆起し、血管が浮き上がるなど、迫真的な鎌倉彫刻の真髄をみることができる。」というのが解説である。このうち、「強い風」というのは、あるいは「強い作風」の間違いではないかと思うが、筋肉や血管に着目しているのは、正にその通りである。


興福寺東金堂


興福寺東金堂と五重塔





6.東大寺



東大寺の鹿


南大門に向かう


 これで、今回の旅の目的はほぼ達成した。まだ午後4時前なので、残りの寺社を回れる限り回ってみることにした。東大寺に着いたが、タクシーを停めたのは大仏殿の脇である。運転手さんが、「せっかく来られたのやから、仁王さんたちを見て来まひょ。」と言って、南大門の方へ案内してくれる。鹿が食べ物をくれるかと思って擦り寄ってくるし、観光客の流れも反対なのでそれに逆らって歩いていった。運転手さんが「奈良公園では、芝刈りの必要がないんですわ。鹿がねえ、食べてくれるから。」。それで私が、「奈良公園の鹿で感心したのは、例えば鹿煎餅を売る屋台があったとすると、お客さんがそこで煎餅を買ったとたん、鹿がそのお客さん目掛けて殺到するんだけど、決して屋台そのものには、鹿はやって来ない。ダメなことをちゃんと分かっているんですね。」。「そうそう。鹿はよく、分かっていまんねん。」

口を閉じた阿形


口を開けた吽形


 さて、しばし歩いて、東大寺南大門に着いた。同寺のHPによれば、「天平創建時の門は平安時代に大風で倒壊した。現在の門は鎌倉時代、東大寺を復興した重源上人が再建したもの」とある。相対して置かれているのが金剛力士立像(国宝)で、 建仁3年(1203年)の創建。運慶と快慶が中心となって作られた。右手に口を閉じた阿形、左手に口を開けた吽形の仁王さんである。運転手さんが、「この一対の阿形と吽形は、普通の置き方とは反対に置かれていて、そのせいで視線が集まるのは、ホレ、ここ(と言って門の真ん中の木げたを指す。)ですわ。それに、あの顔は、普通より大きいですねん。下から見上げて、自然に見えるでしょ。ああ、それから、この柱にいくつか穴が開いているでしょ。これは、昔の鉄砲の弾痕ですねん。」と、こともなげに言う。調べてみると、永禄10年(1567年間)の三好三人衆と松永弾正との戦さで放たれた弾の痕らしい。

三好三人衆と松永弾正との戦さで放たれた弾の痕


 さて、南大門から大仏殿の方へと引き返し、大仏殿の寺域へ入った。相変わらず雄大な姿の建物で、屋根の端が空に向かってやや反っているのが、何とも優雅である。中国の寺院などにもこういう「反り」が見られるが、反りの程度が強すぎてあまりに人工的な感がする。その点、日本の建物の反りは、自然で無理なく受け入れられるので、私は好きである。

東大寺大仏殿


盧遮那仏


盧遮那仏と傍の仏様


 大仏殿の建物内に入る。視野いっぱいに青銅色の大仏様が迫る。ああ、この感激は、昔々に感じたのと同じものである。盧遮那仏は、752年の開眼以来1265年間、ほぼこのお姿でここに鎮座されている。途中1180年と1567年の2回にわたって火災により大仏殿とともに焼失したが、いずれも再建されて今日まで伝わっている。奈良の昔、これだけ大きな大仏様が、今の光背のように目が眩しくなるほどの金色に輝いていたというから、実に美しくきらびやかなものだったかが偲ばれる。しばしお参りした後、時計回りに見学して行った。寄進の瓦があったが、そういえば私も前回来たときに、寄進した覚えがある。柱の穴くぐりは、まだ行われていたが、今は半数が外国人となっている。


7.春日大社

 タクシーは東大寺から春日大社の二ノ鳥居に向かう。そこで降りて、表参道を登っていった。参道の両脇に昔から奉納されてきた燈籠が数多く建てられている。運転手さんが、「ほれ、あの燈籠には全て紙が貼ってありますやろ。毎年、張り替えるんでっせ。3000円ですわ。」。私は、「ええっ。あの燈籠の窓に貼られた四角い紙は、元々の燈籠の寄進主とは違うんですか。」と聞いた。「全く関係ありまへん。年に1回、募集して、きちきちっと張り替えますんや。」と言う。燈籠に近づいてよく見ると、なるほど、全く関係なさそうな大阪在住のおばちゃんの住所と名前が書かれている。私が「その通りですね。あれあれ、穴が開いて破れているのや、完全になくなっているのもある。」と言った。すると、運転手さんは、「穴が開いているのは子供や観光客のいたずらで、鹿も食べちゃうから、そういうときには紙が完全になくなってしまうこともあるんです。」


春日大社の参道


燈籠の窓に貼られた四角い紙


 商魂の逞しさと鹿の食欲に驚きつつ、参道を引き続き登っていると、春日大社の南門に着いた。朱色の神社と、周囲の藤の木の葉の緑色との対比が鮮やかである。春日大社については、最近のNHKの番組「ブラタモリ」で取り上げられていた。要は、藤原氏を祀った神社であること、寄進の釣り燈籠の中で最も大きいのは藤原一族である近衛家のものであること、だから御神木が藤の木であること、後ろの山そのものが御神体であることなどが紹介されていた。

春日大社の南門


大宮特別参観図。拝観パンフレットより


 藤の花のかんざしを付けた巫女さんからパンフレットをもらい、国宝御本殿の大宮の特別参拝に入れていただいた。中にたくさんの神社がある。数えてみたら、16もあった。それらを順路に従い、階段を上がったり下がったりしながら、一つ一つお参りをしていく。途中にずらりと並ぶ釣り燈籠が荘厳な雰囲気を与える。運転手さんが「ここは、面白いでっせ。前はなかったんですけどなあ。」と言って、暗いカーテンで仕切られた「藤浪ノ屋」という部屋を指さす。何でも、春日大社全体で3000基の灯籠があるそうで、2月の節分と8月の半ばには、それらを全部灯す「万燈籠」という行事がある。それを体験してもらおうと作られたそうだ。部屋に入ると、暗い中に燈籠が灯されて、ずらりと並んでいて、なるほど幽玄な雰囲気である。これが暗闇の中で3000も揺らめくのは、さぞかし宗教感が研ぎ澄まされることだろうと思う。外に出ると、運転手さんが「砂ずりの藤」(樹齢800年)と「大杉」(同1000年)を指し示してくれる。それぞれ、古い記録に残る神木である。

春日大社の燈籠


徳川綱吉寄進の燈籠




8.二月堂

 春日大社を出て、運転手さんが「まだ、時間があるようだから、二月堂に行きますか。」と聞く。もちろん、それは願ってもないことだと思って、行くことにした。東大寺に着き、同じところに車を停めて、二月堂まで早足で歩いていった。お堂に登ると、なるほど、ここでお水取りの行事が行われるのかと感じ入る。だいたい、こんな貴重な国宝の建物内で、松明とはいえ、あれほど盛大に火を使って良いものかと思うのであるが、8世紀以来、続けられている伝統行事である。ただ、「寛文7年(1667年)、お水取りの最中に失火で焼失し、2年後に再建されたのが現在の建物」だという。建物に登って、テラスに出るまでに、ふと天井を見ると、焦げ跡のようなものが見える。


二月堂


二月堂から眺めた不思議な風景


 テラスに出た。ここは小高いところにあるので、テラスからは奈良盆地がずーっと見渡せる。空を見上げると曇り空だが、空の真ん中が大きく四角に割れている。その中の雲が薄くなっていて、青い部分が見えたりする。不思議な風景である。しばしそれを眺めていたら、どういうわけか気持ちがすっきりして、今度は早く帰りたくなった。運転手さんに若干の御礼をして別れ、近鉄奈良駅から京都に出て、そこで鴨鍋を食し、早々に帰京の途に着いたのである。



(2017年10月8日記)


カテゴリ:エッセイ | 10:41 | - | - | - |
体成分の分析

01s.jpg


 一昨年の11月末からダイエットに取り組み、大病院の栄養士さんからいただいた貴重なアドバイスを元に努力して、半年の間に約8kg減らすことができた(正確に言えば。9kg減って、1kgリバウンドした)。そのアドバイスの指標となったのが、「インボディ(InBody)"Lookin'Body"の略」という体成分の分析表である。これは一見すると体重計のように見える器械ではあるが、その分析能力はまさに万能と言ってもいいくらいに実によくできている。裸足になって台に乗り、両手の親指でそれぞれ別々の金属の棒を押さえると、1分ほどで結果が出る。詳しい内容は次に述べる通りだが、体重だけでなく、体の中の水分、筋肉、脂肪の量が、体幹、左右の両腕両脚に分けてわかるのである。これを見つつ、アドバイスをしてもらう。それを数ヶ月毎に繰り返して、減らしていったというわけである。

 ところが、一旦、減量という目標を達成してしまうと、もうこの器械を使わせてもらえなくなった。その続きを見たいのだから、測らせてくれても良いとは思うのだが、もはやメタボリック・シンドロームつまり病気ではないということらしい。こういう器械は、普通なら、スポーツクラブにあるはずなのだけれども、どういうわけか私の通っているところにはない。どこかでこのInBodyで計測させていただけるところはないかとネットで調べたところ、池袋西武の8階に「カラダステーション」なるところがあり、InBodyがあるそうだ。無料らしい。いやもちろん、有料でも一向に構わないのだけれど、どんなものか、先ずは行ってみることにした。

 池袋西武百貨店8階の一番端に、それがあった。3人ほど係員の女性がおられて、そのうちのお一人にお願いする。西武百貨店とカラダステーションの2枚のカードを作成し、そのコーナーの片隅にあるInBody430の器械の上に、靴下を脱いであがる。両手の親指を別々にして、それぞれ金属の棒を触る。1分程度で計測が終了し、結果がその場でプリントアウトされる。

 ところで、大病院にあったInBody720は、器械そのものがとても大きくて、出てくる印刷物も、やたらと詳しい。しかしあまりに重たい器械なので、置いておく部屋を移したくてもそう簡単には移動させられないと、係の人が苦笑していたほどである。それに対して、こちらのカラダステーションの器械は、ほっそりとして、まるで別物だ。例えて言えば、大病院のがお相撲さん並みの体躯なのに、こちらはまるで小学生並みの体だ。こんなので、詳しく分かるのかと思っていたが、出てきた印刷物は、少し要約してあるものの、基本的には、大病院のものと変わりがない。全体は冒頭の写真であるが、それを分割したのが、次の通りである。


02s.jpg


【体成分分析】
  体 水 分 42.4kg (標準38.3〜46.8)
  タンパク質 11.2kg (標準10.3〜12.6)
  ミネラル   3.90kg(標準3.55〜4.33)
  体 脂 肪 13.6kg (標準 8.2〜16.4)


 これを見ると、体水分、タンパク質、ミネラルは標準値の真ん中であるが、体脂肪だけは、標準値に収まっているけれども、真ん中よりやや多い。どうやら、体脂肪に削減の余地があることがわかる。

【筋肉と脂肪の割合】
  体 重  71.1kg (標準57.9〜78.4)
  骨格筋  31.9kg (標準29.2〜35.7)
  体脂肪  13.6kg (標準 8.2〜16.4)


 ダイエットを始めたときの平成27年11月27日のInBodyのデータは、体重79.6kg(現在より+8.5kg)、骨格筋34.8kg(現在より△2.9kg)、体脂肪18.2kg(現在より△4.6kg)だったから、骨格筋は少し減ったが、それより主として体脂肪の方を減らしてきたことになる。ちなみに、このまま元の体重までリバウンドさせてしまうと、その少し減った筋肉の分まで脂肪となって戻るので、元の体より更に脂肪が増えてしまうから、やってはいけないこととされている。私も、最初のダイエットのとき(13年前)に、これをやってしまった。体重を79.5kgからいったん74.5kgに落としたものの、気を抜いていたら1年もしないうちにリバウンドしてしまったという苦い経験がある。だから今回は、絶対にリバウンドさせないぞという気持ちでいる。

【体の各部の評価】
 【部位別筋肉バランス】

  左 腕 3.0kg[ 90.2%]
  右 腕 3.1kg[ 94.3%]
  体 幹 24.4kg[ 93.1%]
  左 脚 9.3kg[102.0%]
  右 脚 9.6kg[104.8%]
   [全体筋肉量 54.3kg ](標準49.2〜60.1)


 私は、両手より両脚の方に筋肉が付いているようだ。両手の筋肉を付けるために、家に置いてある小さなバーベルを毎日、挙げるようにしているが、果たしてどこまで続けられるかというところである。その点、両脚の方は、普段は毎日7千歩ほど歩いているので、それなりの効果が出ているようだ。できれば1万歩にしたいが、今の生活リズムでは無理なので、これが限界だと思っている。なお、西武カラダステーションの係員さんは、左脚を鍛えるために、左脚一本で立つなどの工夫をしてみてはとアドバイスしてくれたが、やってみるつもりである。

【部位別脂肪バランス】
  左 腕 0.8kg[ 20.4%]
  右 腕 0.7kg[ 18.2%]
  体 幹 6.7kg[ 20.7%]
  左 脚 2.1kg[ 17.6%]
  右 脚 2.2kg[ 17.6%]


 上半身では、右腕はテニスでラケットを振り回しているせいか、筋肉が多い反面、その分、脂肪の量が少なめになっている。下半身では、左脚は右脚と比べて筋肉も脂肪も少ない。こんなものだろうか、よくわからない。ともあれ、左脚を鍛えなければいけないことは、よくわかった。真ん中の体幹には、脂肪の比率が高いことがよく見て取れる。やはり、これが削減のターゲットだ。


03s.jpg


【栄養評価】
  むくみ 標準
  タンパク質、ミネラル、脂肪量いずれも標準


【理想的な体のためには】
  適正体重      68.1kg
  調節すべき体 重 △ 3.0kg
  調節すべき筋肉重 + 0.4kg
  調節すべき脂肪重 △ 3.4kg


 そういうことで、結論としては「適正体重まで、あと3kg、主として脂肪を減らすように。」との御宣託だ。ただ、できるものは、ほぼ思いつく限り全て取り組んでいるから、これ以上のことになると、茨の道が待ち受けている。でも、どうしたらよいのか、俄かには思いつかない。たぶん、食事内容のコントロールはもはや限界で、後は運動しかないのではという気がする。

  ウエスト周り 79.6cm
  内臓脂肪レベル 6 (標準。中央値は、10)


 ウエスト周りは、こんなに少なくなったのかと我ながら驚くばかりだが、つい先日、健康診断に行ったときに担当医が測ったのは、やはり80cmだったから、これは正しい数値だろう。それにしても、どこで測っているのか。ズボンを注文するときのサイズは83cmにしているから、それと比べて3cmも小さい理由が知りたいところである。

【体型チェック】
  BMI   23.0
  体脂肪率 19.1%    いずれも、適正の範囲内

  フィットネススコア 76
  基礎代謝量 1,613kcal


 この「フィットネススコア」というのは何かとネットで調べると、「一般の方が体成分検査結果を簡単に理解できるように点数化したものです(医学的学問の背景はなし)。体重、除脂肪量、脂肪量のそれぞれと標準値と実測値を総合的に見て点数を算出しています。フィットネススコアは 80 ポイントを基準とし、体重調節の欄の表示で筋肉量が+1 圈∋號知未−1 圓瓦箸縫侫ットネススコアは 1 ポイント下がります。また筋肉量が標準より 1 埖腓くなればフィットネススコアは 1 ポイントずつ上がります。点数が高い場合は筋肉が多くて脂肪が少ない良い状態で、逆に点数が低くなればなるほど筋肉と脂肪のバランスが良くない状況です。この点数に上限はなく、70〜90 ポイントが標準です。90 以上で筋肉量が多いアスリート型、70 以下は虚弱型、肥満型になります。」だそうだ(出典:和歌山ろうさい病院HP)。

 次に「基礎代謝量」とは、「基礎代謝量(BMR)は生命活動を維持するための(一日中安静にしていても消費する)エネルギー量です。 InBody から算出される基礎代謝量は除脂肪量を利用する『カニンガム』の式を基に算出しています。基礎代謝量は 1 日に消費するエネルギー量の約6〜7割を占めると言われています。この数値が高いと食べた物を活発に消費できます。よって基礎代謝量の高い人は太りにくいとされています。 肥満治療など体重減量をおこなう必要がある場合、基礎代謝量以下で食事摂取をしながら、活動量を増加させれば、体脂肪がエネルギー源に使われ、体脂肪が減少して体重も減少します。 食事療法のため献立を作成するには1日の必要エネルギー量を算定しなければならないため、この基礎代謝量から 1 日に消費されるエネルギー量を算出し、1 日の摂取するエネルギー量の目安を立てることが可能になります。 ただし、摂取のエネルギー量の調整だけではなく運動することも心がけましょう。運動熱量の計算に使う活動係数は、『横になる 1.2 』、『歩行、やや活動 1.3 』、『一般の活動 1.5〜1.75 』、『高度の活動 2.0 』なので、1日の必要エネルギー量 = BMR(基礎代謝量)× 活動係数 ★ 測定データを上の式に代入し、1日のエネルギー必要量を算出し、ご使用下さい。 」とある(出典:同上)。

 ちなみに、私の場合は、基礎代謝量1,613kcal X 1.3= 2,097kcal が、摂るべきカロリー量となる。だから、1日の1食当たり700kcal の摂取に収めておけば、現状の体重が維持され、それ以下だと、体重が減っていくということがわかった。そうすると、1日の1食当たり600kcal の摂取にしておけば、あと3kgの減量ができるという計算になる。それでダメな場合は、(テニスの週2回を強化して3回にすることは無理だから)、毎日の朝晩に筋肉を鍛える体操することにしよう。このプランなら、今年末までに何とか目標を達成できそうだと、ちょっと希望が湧いてきた。




(2017年10月3日記)


カテゴリ:エッセイ | 19:28 | - | - | - |
月見おわら 2017年

富山駅前にあった、おわら風の盆の看板


1.富山の三大民謡

 (1) ツアーに参加

 越中八尾おわら風の盆は、以前、電車とバスを乗り継いで、前夜祭を見に行ったことがある。胡弓の奏でる哀調ある調べと、黙々と一心に踊る踊り手の野趣あふれるその優雅さに深く感じ入ったことを、まるで昨日のことのように覚えている。それから6年が経ち、機会があればまた見たいものだと思っていたときに、ある旅行会社が「月見のおわら」なる催しを企画して今年が20回目だとして、参加者を募集していた。そういえば前回、私が個人的に行ったときは、八尾のあの狭い町域に、たくさんの観光客が訪れてごった返していて、どこでどうやって鑑賞させていただいたかもわからないくらいだった。最近は、町の人口が2万人程度のところに、30万人ほどの観光客が押し寄せて、ますますひどくなったようだ。

 加えて前回の場合には見終わって帰るとき、八尾(やつお)バス停の前に黒山の人だかりだったものだから、バスに乗るのは諦めて、JRの駅まで歩いて行った。ところが、街灯もない暗い田圃の中やお墓の脇などを通って、30分もかかったことから、とても大変だった。その轍は繰り返したくない。その点、9月23日と24日に行われる今回の月見のおわらは、見物客の数は一晩3千人程度だし、八尾の町内で町民の皆さんによって行われる。そういう意味では本番(9月1日から3日まで)と、さして変わらないだろうと思って、参加することにした。

 北陸新幹線で東京から富山まで、2時間10分である。お昼過ぎの新幹線で富山に向けて出発し、午後3時台にはもう富山駅前のホテルにチェックインした。八尾の町に向けて4時半にバスで出発し、5時過ぎに曳山会館下の駐車場に到着した。その会館前に設けられて舞台で、富山の三大民謡を披露していただけるという。

 (2) 高校生による越中おわら節

 先ずは、八尾高校の皆さんによる、越中おわら節である。哀調あふれる節まわしと言いたいところだが、そこはまだ高校生の女の子たちだから、ややか細い声を張り上げる中、最初に男の子たちが出てきて、力強いキビキビした男踊りを踊る。ついでピンク色の衣装を着た女の子たちが出てきて、息の合った女踊りを披露する。両手を斜めに伸ばしたときの、その角度が揃っているのがよい。もう終わりかけの時、男の子たちが踊る途中で、一人一人思い思いの格好で固まっていく。かなりの力が必要だろうと、見物人から大きな拍手が巻き起こって、終わった。なかなか良い演出である。


02.jpg


03.jpg


 ツアーガイドからもらった紙には、こう書いてあった。

「『歴史』ここ越中八尾の地で、踊りとともに唄われている民謡『越中おわら』は、300年以上の歴史を持つ全国に誇る民謡です。しかし『おわら風の盆』という行事がいつ始まったかは、明瞭な文献が残っていないためはっきりしません。言い伝えられている説の一つとして、八尾の町が開かれた際に加賀藩から下された『町建御墨付』の所有権をめぐって、町の開祖である米屋少兵衛の子孫と町衆の間で争議が起こり、結果、町衆が取り戻すことができたお祝いとして、昼夜を問わず3日間唄って仮装して踊って楽器を演奏しながら町内を練り回ったことが起源と言われています。やがて、二百十日の台風到来の季節に、収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、豊作祈願の行事として行われるお祭りに変化したことを機に『風の盆』とよばれ、9月1日から3日にかけて行われるようになりました。

 『おわら』とは、(1)『お笑い節説』遊芸の達人たちがこっけいな変装をして町中を練り歩く際に唄っていた歌の中に『おはらい』という言葉を入れて唄ったのが、『おわら』に変わったという説、(2)『大藁節説』豊年を祈り、わらの束が大きくなるようにとの思いから、『大わら』が『おわら』になったという説。

 『風の盆』とは、富山の地元では休みのことを『ボン(盆日)』という習わしがありました。そして風神鎮魂を願うお祭りのため『風の盆』となったそうです。

 『踊りの種類』としては、(1)『豊年踊り』最も古くからある素朴な踊りで、町流しや輪踊りで踊られる、(2)『男踊り』かかし踊りともいわれる勇壮な踊り、(3)『女踊り』四季踊りともいわれ、春夏秋冬それぞれに異なった所作がある。舞踊的な踊りで、主にステージなどで披露される。

 『おわらを盛り上げる唄や楽器』 越中おわらでは、唄と楽器を奏でる人のことを地方(じかた)といいます。(1)『唄い手』甲高い声で歌い出し、息継ぎをせず、長く柔らかい美声を響かせる、(2)『囃子』唄い手の調子を揃える、地方の指揮者のような役割、(3)『三味線』弦を押し付け、撫でるように弾く『探り弾き』、おわら独特のリズム、(4)『太鼓』唄の息継ぎを助けたり、調子を盛り上げる、(5)『胡弓』唄や三味線に合う哀調を帯びた独特の旋律を奏でる。(唄が終わると、楽器だけの間奏曲が奏でられます(合いの手)。唄の旋律とは全く違う哀調を帯びた独特の旋律を奏でる。民謡では珍しいと言われています。)」


02.jpg


03.jpg


03.jpg


『おわら節歌詞』

 揺らぐ吊り橋 手に手を取りて
 渡る井田川 オワラ 春の風
 富山あたりか あのともしびは
 飛んでいきたや オワラ 灯とり虫
 八尾坂道 別れてくれば
 露か時雨(しぐれ)か オワラ ハラハラと
 もしや来るかと 窓押し開けて
 見れば立山 オワラ 雪ばかり

          八尾四季(作詞:小杉放庵)

         (出典)「世界の民謡・童謡」より。



 (3) こきりこ節

 次に、舞台では、五箇山民謡保存会の皆さんが、「こきりこ節」を歌い、綾藺笠(あやいがさ)を被って武士の衣装のような直垂(ひたたれ)姿で踊ってくれた。綾藺笠の頂きには山鳥の羽が付いているから、動くとそれが目立つ。両手には、「びんざさら」という楽器のようなものを持っていて、それを伸ばしたり、馬蹄形に曲げたりして、ガシャッ、ガシャッと音を立てる。それで、舞台狭しと飛び回るから、なかなか男っぽい踊りである。ツアーガイドからもらった紙によると、


02.jpg


02.jpg


 「『こきりこ節』は、日本で一番古い民謡です。田楽から派生し、田踊りとして発展しました。これらは、五穀豊穣を祈り、百姓の労を労うために、田楽法師とよばれる職業芸能人たちが田植えや稲刈りの間に行ったものでした。こきりこは『筑子』『小切子』とも書き、二本の竹で作った簡素な楽器の名前に由来していると言われます。これを手首を回しながら打ち鳴らすと、軽やかな音が出ます。『ささら』は、檜板を人間の煩悩と同じ108枚を紐で束ねて、半円に構えて波打たせるように鳴らすもので、その不思議な響きも耳に残ります。鍬金や太鼓も田楽の頃から変わらず、こきりこ節の伴奏を奏でています。こきりこ節の特徴的なお囃子『デデレコデン』は、太鼓の音を表したものとされています。」

『こきりこ節歌詞』


 こきりこの竹は 七寸五分じゃ
 窓のサンサは デデレコデン
 ハレのサンサも デデレコデン

 向いの山を かづことすれば
 荷縄が切れて かづかれん
 窓のサンサは デデレコデン
 ハレのサンサも デデレコデン

 向いの山に 鳴く鵯は
 鳴いては下がり 鳴いては上がり
 朝草刈りの 眼をさます
 朝草刈りの 眼をさます

 踊りたか踊れ 泣く子をいくせ
 ササラは窓の もとにある
 烏帽子 狩衣 ぬぎすてて
 今は越路の 杣刀

 向いの山に 光るもん何じゃ
 星か蛍か 黄金の虫か
 今来る嫁の 松明ならば
 差し上げてともしゃれ 優男


         (出典)「世界の民謡・童謡」より。

 (4) 麦 屋 節

 舞台の最後は、「麦屋節」である。刀を差し、黒の紋付袴で白たすき、白足袋姿の凛々しい男性が笠を持って登場し、地方の唄と演奏に合わせて踊る。刀を振り回すようなことはないが、笠をクルクル回すのが印象的で、武士の所作らしく全体としてテンポが早く、キビキビした動きが印象に残った。同じくツアーガイドからもらった紙には、

 「『麦屋節』は、全国的にも知られた五箇山民謡で、歌い出しが『麦や菜種は・・・』だったことから、『麦や節』とよばれるようになりました。麦や節の由来については、平家の落人によって作られたものという説があります。五箇山が平家の隠れ里であったことや、歌詞の内容から、麦や節と平家落人伝説を結びつけて伝承されてきたことがわかります。かつて『平家にあらざるものは人にあらず』と豪語した自分たちの悲しい運命を唄に託して歌い踊ったそうです。黒の紋付袴で白たすき、白足袋といういでたちで、一尺五寸の杣刀を差し、笠を持って踊ります。黒と白のシンプルな色づかい中に緋色の杣刀が浮き上がり、それらが作り出す色の対比が体や手足の動きをはっきりと映し出します。また、笠を回転させたり、上下に動かしたりする中に一瞬の静止を入れることで、静と動の対比を強調し、洗練された踊りとして目を奪います。早いテンポの中に哀調のある歌詞、勇壮で力と活気に満ちた踊り。麦や節の中にはさまざまな対比があり、それらが調和することによって、心地よい緊張感あふれる空間を作り出しています。」


02.jpg


02.jpg


『麦屋節歌詞』

 麦や菜種は 二年で刈るが
 麻が刈らりょか 半土用に
 浪の屋島を 遠くのがれ来て
 薪こるてふ 深山辺に
 烏帽子狩衣 脱ぎうちすてて
 今は越路の 杣刀
 心淋しや 落ち行くみちは
 川の鳴瀬と 鹿の声
 川の鳴瀬に 布機たてて
 波に織らせて 岩に着しょう
 鮎は瀬につく 鳥は木に止まる
 人は情の 下に住む


         (出典)「世界の民謡・童謡」より。



2.月見おわらを見物

 ツアーガイドによると、舞台の見物が終わった後、八尾の町内で午後7時から9時まで、流し踊りがあるようだ。ガイドからもらった紙にその場所とスケジュールが書いてある。本番(9月1日から3日まで)のときには、ある町内の流し踊りを見るには、その町内まで行かなければならない。ところが、この月見おわらの催しでは、AゾーンからGゾーンまでに区切ってあって、同じ場所に居れば、30分ごとに4つの町内が踊りながら流してくれるそうだ。なるほど、これは便利だ。しかも、一般にカメラのフラッシュが禁止されている中で、Dゾーンだけは、それが許されるという。フラッシュを使わないとうまく撮れないから、認めてほしいという観客の要望を受けたものだそうだ。

 そこで、どこで撮ろうかと考えた末、Bゾーンに行ってみることにした。4つの町内が全部見られるし、坂の町の坂上から下りの方向なので、踊り手や唄い手がそれほど疲れないだろうと思ったからだ。写真を撮るためにはフラッシュがあった方が綺麗に撮れるが、ただこの越中おわら風の盆は、日が落ちてぼんぼりに灯がともったところで演じられるところに良さがある。フラッシュを使うと、そのせっかくの雰囲気が台無しになるからだ。もっとも、越中おわら節は、写真では全くといって良いほどその情緒が出ない。やはり、記録するにはビデオが一番なので、そうすると、あちこちからフラッシュが光ると、まともなビデオが撮れない。というわけで、Dゾーンに行くのは止めた。

 Bゾーンは、町の北東の諏訪町通りにある。そこで待っていると、鏡町、東新町、福島、今町の順で、町流しをしていただけるようだ。見物する場所を探す。石畳みの美しい道の両脇に、景観に配慮した柳格子の町家が並んでいる。その玄関先に入れてもらった。もう一列目は、既に見物客がズラリと並んで座っている。その後ろから立って撮ろうという算段だ。少しでも踊り手に光が当たるように、私の背中からぼんぼりの灯火が照射される位置で、しかも逆光にならないように、向かいにぼんぼりがないところに陣取るようにした。


02.jpg


02.jpg


 胡弓の哀しげな音が響き渡り、いよいよ始まった。まず、笠を目深に被った男性達のキビキビした踊りがやって来る。時々、両手を拡げて斜めのスタイルになったり、あたかも田圃を耕すような所作が入るから、面白い。唄い手は、甲高い声で三味線と胡弓によく合っている。声が途切れると、太鼓の間奏が入ったり、年配の男性が「ア、ヨット」、「キタサノサ ドッコイサッサ」などの合いの手を入れて調子をとる。そういえば、ツアーの参加者の中には私に「もう、7回も来ているのですよ。特に、A町内のあの人の合いの手が好きです。」と言っていたが、ああ、これかと思い出す。その時は、「唄い手ではなく、合いの手が好きだとは、実に変わっている人だ。」と思った。ところが、こうして実際に聞いてみると、なるほど、歌舞伎で役者に声を掛けるときのように、絶妙なセンスが必要な役割だと感じたから、不思議なものである。

02.jpg


02.jpg


02.jpg


 まず、カメラ(キヤノンEOS70D)のビデオで撮影した。胡弓と三味線の哀しげな音色、唄い手の切々と迫るような歌声、それに合いの手などの耳から得る情報、さらに踊り手の優雅の動きなどの目から得る情報は、ビデオでなければ、記録することは不可能だ。ビデオを撮りながら、目と耳で余韻を楽しむ。踊り手の女性の、優しげな手の動きがよい。傘を目深に被っているから、女性らしさが一層際立っている。そうこうしているうちに、第1陣の鏡町の一行が通り過ぎてしまった。あれあれ、これでは私のHPの「悠々人生」向けの写真が撮れない。というわけで、次の東新町の一行の踊りでは、主にカメラで写真を撮っていった。画像がぶれないようにしっかりと両脇を締めて撮るのだが、光量が全く足りないため、手を動かしているときには、その部分だけぶれる。でも、おわら踊りは、時々、動作を止める瞬間があるので、そういう時にある程度手先がぶれるのは仕方がないし、かえって踊っている最中だとわかる味わいのある写真となるから面白い。そういうことで、最後まで、おわらの町流しを観て、富山駅前のホテルに帰ってきた。部屋に戻ってからも、私の頭の中で、まだ胡弓の哀切あふれる音色が鳴り響いていた。








 月見おわら(写 真)





(2017年9月23日記)


カテゴリ:エッセイ | 23:06 | - | - | - |
叔父さん達の思い出と軍歴

00.jpg


 昨年の夏前、「父の思い出と軍歴」というエッセイで、私の父の軍歴証明書を本籍のある県に問い合わせて送ってもらい、父を偲ぶ「よすが」としたという趣旨のことを書いた。それから1年ほど経って、実家にあった、「古いアルバム写真のデジタル化」を進めていったが、その過程で、私の祖母や父、そして叔父さんと叔母さんの若き日の姿が収められた写真を拝見して、何とも懐かしい気持ちになった。私の祖父は、終戦後まで存命だったが、私が生まれる直前に亡くなったので、私自身はその顔を知らない。ところが、この写真の中では、元気な顔をして写っているので、まるで会ったような気がした。

 ところで、そのエッセイの中で、私はこう書いた。「父の2人の兄さん達は辛酸をなめた。5歳上の長兄は、私にとって誠に頼りになる叔父さんだったが、フィリピンに6年間も派遣され、最後は生と死の境を彷徨い、どうやら生還した。帰国してからも、時折マラリアの発作に苦しんだ。3歳上の次兄は、確かガダルカナルの戦いに参加したと聞く。ガダルカナルといえば、補給作戦が徹底的に妨げられた結果、武器弾薬どころか食糧が圧倒的に不足し、加えてマラリヤにも苦しめられて、将兵は骨と皮ばかりに痩せ細り、派遣された約3万人中、およそ5千人が戦闘で死亡、1万5千人が餓死又は病死し、帰還できたのは1万人だったと聞く。あまりにも餓死が多いので「餓島」とさえ言われたそうだ。そういうところから、叔父さんは何とか帰還することができた。とても温和な叔父さんだったが、そのときの無理がたたったのか、戦後十数年して急逝してしまった。」

 しかしながらこれは、亡くなった父から聞いたことで、叔父さんたちに確かめたわけではない。もっとも、確かめようにも、叔父さんたちも既に鬼籍に入っているから、直接聞くことはできない。さりとて、わざわざ私の従兄弟たちに聞くほどのことではないし、例え聞いたとしても、特に次兄叔父の方の従姉妹は、まだ小学生のときに父親が亡くなっているから、知らない可能性が高い。そういうことで、家系を把握するという意味では画竜点睛を欠くので長年気にはなっていたことではあるが、確かめようがないので、そのままにしておいた。ところがこのほど、解消する糸口を意外と簡単に見つけることができた。3親等以内の親族であれば、軍歴証明書を取り寄せられるというのである。叔父さんたちは、もちろん私の3親等に当たる。このお2人が召集されたのはいずれも陸軍であるから、父の軍歴証明書を交付してもらったのと同じ手続でよい。まず、県に対して電話で、叔父さんたちの名前と生年月日、召集時の本籍地を伝え、軍歴証明書があるかどうかを聞いた。すると、あるという。そこで、書類一式を揃えて、交付申請をした次第である。


01.jpg


 県庁から届いた叔父さんたちの軍歴証明書を開いてみた。父のものと違って、びっしりと書いてある。まず、長兄叔父は、昭和14年12月に歩兵連隊の中隊に歩兵として入営し、大阪港から出発して青島に上陸した。そして、その辺りの警備についたとある。ところが翌年、安徽省での戦闘で左肩に盲管銃創という重傷を負ってしまった。「現認証明書」という書類が添付されていて、「昭和15年○月○日、安徽省○○附近に於て戦闘中敵弾に依り左肩○○に受傷したる事を現認す」とあり、中隊長と軍医が証明している。そういえば、父の残したアルバムに、白い傷病兵姿の叔父さんの写真があった。その年のうちに傷は完治したということになって、原隊復帰した。警備任務が多かったということは、身体がまだまだ本調子ではなくて辛かったと思うが、それから1年間、中原会戦を含む「支那事変勤務」としてそのまま中国に留め置かれた。そして、昭和16年末の太平洋戦争の開戦に伴って、翌昭和17年2月「南方派遣のため」として青島から出発した。

02.jpg


 9日後に着いたのが、フィリピンのリンガエン湾にあるマビラオである。開戦直後に日本軍のフィリピン侵攻のM作戦で、この湾も上陸地点となって戦闘が行われたところである。初戦でクラーク飛行場の米軍航空戦力をあらかた破壊したことから、作戦は順調に進み、約1ヶ月後の昭和17年1月2日にはマニラが陥落した。ところが、米比軍はマニラ湾のバターン半島に立てこもり、強力に抵抗した。日本側は当初これほどの兵力を蓄えまた要塞化がされているとは予想もせず、1旅団を差し向けたが、全滅に近い大きな被害を被った。これが、第一次バターン攻略戦である。そこで、大本営は十分な兵力を集中させて一気に攻略する計画を立て、中支、香港からの応援部隊を加えて第二次バターン攻略を目指すことになった。だから長兄叔父は、その中支からの応援部隊の一員だったのである。それが4月に一段落した後、同17年中は、北部のルソン島、中部のビサヤ諸島の平定作戦に参加した。

03.jpg


 それから、「転進のため」ということで再び船に乗せられ、昭和17年12月にマニラ港を出発して、仏領印度支那のサイゴン(現在のホーチミン)港に上陸し、更にハノイの近辺にあるハイフォンに到着した。次いで中越国境の地ラオガイに着いて、同地付近を警備した。昭和18年のお正月は、この地で迎えた。そのままラオガイ省にいて、昭和19年11月から翌20年1月まで中越国境を通過して、中国で展開された一号作戦に参加した。この作戦は、日本本土の爆撃に使われる中国国内の米軍航空基地を攻撃するとともに、物資輸送のために華北、華南、仏領インドシナを通貫するルートを確保しようというものである。しかし、長兄叔父が参加したのは、もはやそれが終わりかけの1ヶ月ほどのものである。その後、20年3月から5月にかけての明号作戦、つまりそれまで共同統治の相手方だったヴィシー・フランス軍を日本軍が攻撃して単独統治にした事件に参加した。それが終わってから、ハノイで警備任務に着き、8月15日の終戦はそこで迎えた。翌21年4月に帰還のためハノイ港から乗船して、3週間かけて浦賀港に上陸したとある。6年余にわたる辛かった兵隊生活が、これでやっと終わった。

 私の知っている長兄叔父は、実に温和で優しい人だった。私や妹の結婚式では、親族を代表して、心温まる挨拶をしていただいて、非常に有り難かった。父と仲が良く、いずれも銀行を退職してからは、お互い近くに住んで、共通の趣味の釣りによく行っていたものである。その人が、こんな大変な戦争体験をしていたとは想像もしなかった。この叔父さんは、銀行を退職後、自分の会社を立ち上げてそれを立派な会社に育て上げ、それを息子に譲って、引退した。それから悠々自適の生活を楽しんだ後、70歳代で亡くなった。


04.jpg


 さて、次兄叔父の従軍期間は約4年余と、長兄叔父に比べれば約半分である。ところが、行き先は、聞いていた通りガタルカナルと、そしてラバウルである。戦車兵として、昭和17年1月に入営した。するとすぐに、胸膜炎になって、入院してしまった。それが秋に治癒して10月に復帰した。翌18年1月、宇品港から出発して南洋群島コロル島パラオに到着し、次いでビスマルク群島ニューブリテン島ラバウル港上陸して戦車隊に入り、そこでココボ付近警備と軍主力ガタルカナル島作戦業務に従事した。ちょうどこの昭和18年2月は、ガダルカナル島で米軍と鍔迫り合いを演じていた日本軍の敗退が確定的になり、命令によって同島から日本軍兵士が撤退した時期である。所属した軍団が壊滅したりしたせいか、次兄叔父の所属と任務についての記録もめまぐるしく変わっている。「3月○日中隊主力ココボ附近上陸終結復帰。第17軍の隷下を脱し第8方面軍の隷下に入らしめる。5月○日軍令陸甲第○號により現地復帰下令。同31日復帰完結。同日戦車第○連隊に編入。同日第港中隊に編入。同日ラバウル附近の警備」とある。ともあれ、何とか生き残って再びラバウルに戻ることができた。

 それ以降の記録は、「昭和18年5月より10月まで第一次ビスマルク戦に参加。11月より昭和19年3月まで第二次ビスマルク戦に参加。編成替えを経て昭和19年3月より10月まで第三次ビスマルク戦に参加。11月より昭和20年4月まで第四次ビスマルク戦に参加。同年4月より8月まで第五次ビスマルク戦に参加」とある。その間に、兵精勤章を2度もらっている。ところで、この「ビスマルク戦」とは、一体、何だろう。その頃、近くで行われたビスマルク海戦のこのことかと思ったが、そうではないようだ。ガダルカナル島が米豪軍の手に落ち、次に来るのはニューブリテン島の日本軍のラバウルかと思われた。ところが戦況の悪化で、補給がままならない。そこで第8方面軍は、戦闘力の保持と食糧の確保のため、陣地の構築や食糧の生産を進めたそうで、それを称してビスマルク戦と言ったそうである。

 一方、米軍はガダルカナルを落とした後、手強い抵抗が予想されたラバウルを避けて、いわば飛び石のように島を伝って北上し、フィリピンや日本本土を目指したため、これ以降、ラバウルが巻き込まれた大きな戦闘はなかった。そのようなわけで、昭和20年8月15日の終戦時には、ラバウルには6万9000人の将兵がいたという。次兄叔父もその一人で、昭和21年4月にラバウルを出発し、わずか10日間で名古屋港に到着している。帰国の時期は長兄叔父とほぼ同じだったので、海外に派兵された2人の子供が無事に帰ってきた両親の喜びはいかばかりだったか思うと、胸が熱くなる。ちなみに私の父は国内に留まっていたので、こちらも無事だった。あの戦争の時代に、3人の男の子を持って、いずれも命を永らえて帰ってくるというのは、あるいは珍しいことだったかもしれない。終戦時の長兄叔父は軍曹、次兄叔父は伍長だったから、それなりに務めを果たしたのだと思う。

 次兄叔父が一時送られたガダルカナル島では、昼夜を分かたず米豪軍の砲撃がある一方で、日本軍の兵站が全く届かず兵士は常に飢餓状態に置かれたそうだ。昭和18年2月の撤退時には、送られた兵員31,358名に対して、撤退できたのは10,665名と言われている。撤退できなかった兵員のうち、戦闘による死亡は約5,000名、餓死や病死が約15,000名とされている(NHK「ガタルカナル島 学ばざる軍隊」平成12年)。そのような惨状にあって、よく生き残ったものだと思う。ただ、残念なことに、そのときの無理がたたったのか、次兄叔父は、戦後十数年して奥さんと1人の女の子を残して急逝してしまった。心臓麻痺だったと聞いているが、誠に残念なことである。亡くなられたとき、私は確か小学校6年生で、私のいとこであるその女の子は4年生だったように記憶している。亡くなる前は、家族ぐるみでよく行き来したものだった。優しい叔父さんという印象が残っている。その人が、結局のところ、この戦争の犠牲になった。つくづく、戦争とは罪作りなものだと思う。




(2017年9月18日記)


カテゴリ:エッセイ | 16:20 | - | - | - |
国内の別荘より海外のホテル

ランカウイ島


 私より10歳ほど年上の世代の人達は、かなりの人が別荘を持っている。八ヶ岳、軽井沢、蓼科、伊東などが多い。そして、仲間内で、楽しそうに別荘ライフの話をする。それは良いのだが、別荘でどういう過ごし方をしているのかというと、例えば週末に3日滞在するとして、何と最初の日は、あちこち掃除したり、庭の雑草をとったり、買い出しなどをする雑事に追われて、やっと落ち着いて暮らすのは翌日からだそうだ。また、それが冬場だと、零下20度で氷柱が下がっているというし、その中でストーブを焚いても、建物が芯から冷え切っているのでなかなか温まらないので寒くてたまらないというし、夏は蚊の大群に襲われるしで、大変なご苦労をされているようだ。そういう一等地にある別荘の価格は、少なくとも3000万円はするだろうが、それだけのお金をかけて、自らが掃除人、管理人のお仕事をし、はたまた冬場に建物が温まるまで寒い思いをしたり、夏は蚊にくわれたりするというのは、私に言わせれば酔狂というか、何とも馬鹿馬鹿しい限りである。

 しかしながら、私の世代になると、別荘を持っているのは大学時代の仲間では25人に1人くらいで、非常に少ない。私と同じように考えるのか、それともお金がないのかわからないが・・・たぶんその両方なのだろうけれど・・・ともかく少ないのである。その僅か1人の別荘所有者に招かれた友人の話によると、その所有者は「いやもう、これが建って15年も経つからあちこちにガタが来てね、今月はペンキの塗り替えとベランダの床の張り替えで大変だったよ。」と、嬉しそうに言ったそうだ。それを聞いて友人は、「日曜大工どころか、家の家具を動かすことすら面倒な自分には、別荘なんかお金があっても絶対に持ちたくない。」と、私と同じような感想をもったそうだ。

 別荘の代わりに、いわゆるリゾートクラブに入っていて、箱根、下田、蒲郡などに出掛けるというスタイルの人が少々いる。また、近頃は貸別荘ということで、夏の一定期間だけ本物の誰かの別荘を借りるということもできるそうだ。私は、こうしたやり方は、非常に合理的だと思っている。良いクラブなら全国各地の景勝地にあるし、そもそも会員制とはいっても普通のホテルだから、自分が掃除人になる必要はなくて、ホテルの人たちがやってくれるからだ。貸別荘も好きな場所を選択できるという意味では同様だ。しかし、残念ながら、私にはこうしたスタイルはとりえない。およそどのホテルも僻地のリゾートにあるから、車がないと行きにくいのである。私は、職業柄、車で事故を起こすとよろしくないので、この20年あまり運転しないことにしているから、自家用車を持っていない。東京にいる限り、通勤時はオフィスの車が迎えに来てくれるから、それで何の痛痒も感じないのだが、週末に田舎に行こうとするときには、困ってしまうというわけだ。

 それで、私は、のんびりするために、海外のリゾートに行くことにしている。成田空港も羽田空港も、私の自宅から1時間以内で行ける距離にあるから、どちらの空港に行くにしても電車にサッと乗って着くから便利である。それに加えて、例えば東南アジアに行くには、エコノミークラスなら1人あたり往復高々5万円から6万円の航空機代を払えば、大抵のところは7時間ほどで着く。渡航先では、5つ星ホテルに泊まることにしている。もちろん、そういうホテルの部屋は非常に広くて、設備はこの上なくゴージャスそのものである。日頃は都心の狭いマンション住まいだから、感激する。コンシェルジュをはじめとするスタッフは親切でよく訓練されていて、打てば響くほどだ。馴染みになったら私の好みや何やらを良く覚えてくれていて、非常に気持ちよく過ごせる。加えて、食事がとっても美味しい。それで1泊いくらかというと、もちろん国、都市、ホテルにもよるが、日本のビジネスホテル並みの1万5000円から2万円も出せば非常に良いホテルがあるし、しかもその値段で2人まで泊まれる。ところが日本だと、これと同じようなホテルは、たぶん1泊6万円以上はするだろうし、しかも人数分の料金が発生することも多い。

 ハワイも、リゾートとしては美しくて安全で清潔だから滞在を楽しめるが、いかんせん料金が高くて、数年前に行ったときにはワイキキビーチの老舗ホテルが、3泊で24万円もした。しかも、部屋はオーシャンビューではあるものの、値段の割には設備が古くて貧弱で、あまつさえ部屋やベッドが狭くてがっかりした。そういう面から比べると、東南アジアのホテルのお得感は相当なものである。英語さえできれば、まるで王侯貴族と言うと言い過ぎかもしれないが、掛け値なくそれに近い生活が出来る。ただ、私は、英語以外の言葉といえば、マレー・インドネシア語が多少できる程度なので、タイ、ベトナムなどに行くと、街中で会話を楽しめない。だから、一般の人でも英語がある程度話せるシンガポールとマレーシアに、どうしても引き寄せられるように行ってしまうということになる。これらの国は、超近代的都市と熱帯のリゾート、それに美味しい中華料理があるし、友達も住んでいるから、何かと安心である。なお、一般の人にもそれなりに英語が通じる国という意味ではフィリピンもあるが、最近は物騒だと聞くだけでなく、そもそも土地勘がないし国民性もよくわからないので、かなり昔に一度行ったきりで、再訪しようという気がどうも起こらない。

 次に日本旅館と東南アジアのホテルの食事を比較してみよう、最近は日本旅館でも、1人あたり6万円から10万円近くとるところがある。夕食と朝食付きではあるが、そういうところに限って、豪華という名の無駄な食事がいっぱい出て、食べたくないのに無理に胃袋に詰め込むという仕儀となる。こういうスタイルは、一泊旅行の宴会の名残りなのだろうか。国際標準とは、程遠い気がする。特に私はダイエットをしているということもあって、何をどれだけ食べるかというのは、自分でコントロールしたいので、これではかえって困るのだ。

 その点、東南アジアの特にシンガポールとマレーシアでは、中華料理がともかく美味しい。それも、広東、福建、北京、四川、客家など、バラエティに富んでいるものが味わえる。しかも、量は自分でいかようにでも調節できる。とくに飲茶(やむちゃ)は、好きなものを少しずつ食べられて、選ぶ過程から始まって口に入れるまで幸福感がある。それに、季節になると、私の好物のドリアンという果物の王様が街中で売られている。これを食べに行くだけでも、とてつもなく幸せだ。そのほか、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、マンゴスチン、パパイヤ、マンゴー、ジャックフルーツなど、色々なフルーツがあって、日系のイオンなどの総合スーパーで安全に清潔でしかも安く買える。

 もちろん、海外のどこに興味をそそられるかというと、本当はボストンやニューヨークなど馴染みのアメリカの大都会に行きたいところである。文化的な満足度は非常に高いからだ。だからこういう地域なら、費用は多少かかっても、行く価値は十分にあると思っている。しかしながら、東方に飛ぶと時差がきつくてたまらないから、旅行の期間としては少なくとも10日くらいはほしい。だけど今の仕事では、残念ながらその余裕がない。そういうことで、3年前は時差の問題が少ないヨーロッパに行って各国の文化を満喫したが、最近は大都市でテロが続いているから、もはやあまり行く気がしない。一昨年はオーストラリアに行ったが、現地の印象はアメリカ西海岸とほとんど変わらないので、オセアニアはもう結構だ。そういうことで、行き先としては、ついつい引き寄せられるように、東南アジアを選んでしまうのである。時差は1時間か2時間だし、前述のように飛行機に7時間余りも乗っていれば着いてしまうから便利だ。

 もう少し若い頃は、マレーシアの場合だと、ティオマン島のような熱帯の海に潜るのが大好きだった。海中に色とりどりの熱帯魚が泳いでいて、それを直接見るのが、何といっても楽しい。ただ、着ているシャツの上から日焼けするほどの強い日光には参ってしまうが、それを除けば、青い空、白い入道雲、緑に椰子の木々、真っ白な砂浜、どこまでも赤く広がる日没など、どれをとっても、この世の楽園だと思ったものである。現在では、ランカウイ島(冒頭の写真)、パンコール島などで、そういった熱帯の海を味わえる。

 ただ、それから歳をとって現在に至ると、熱帯のリゾートに行ってもかつてのように連日、海に潜って熱帯魚を見るというようなことはしない。たとえしたとしても、一滞在当たりほんの数回で、あとは、のんびりと海や砂浜を眺めながら本を読み、iPadを眺めて駄文を書いて過ごしている。海外でもWifiがある限り、国内にいるのと同様に新聞は読めるし、銀行取引はできるし、しようと思えば株取引だってできる。そして、気が向けば写真を撮りに行くという過ごし方をする。

 そのほか最近の関心は、都市に滞在して歴史と異文化に触れることである。海峡植民地だった頃のペナン島、マラッカ海峡のマラッカ、シンガポールなどは、本当に良かった。特に前二者は、最近、世界遺産に登録されたことをきっかけに整備されてきたからこそ、私のような外国人観光客でも、系統的に理解しながら簡単に回ることができるようになった。とりわけ、こういう地域の中国人の祖先は、食うや食わずといった苦しい状態にあった17世紀から19世紀にかけて次々に祖国を後にし、艱難辛苦の末に現在のような子孫繁栄の礎を築いた。その過程を想像するにつけ、心から同情するとともに、自分の通ってきた道と重ね合わせて、感慨にひたることができる。

 その一方、シンガポールはまた独自の発展を遂げている。これは、豪腕の故リー・クアンユー首相が、古き良き時代の建物や街並みを全てリシャッフルして、超近代的な箱庭都市を作り上げてしまったからである。あんな強引なことをしてよいのかと思うほどだった。30年近く前のことだが、あるとき、シンガポールのシャングリラ・ホテルでテレビのニュースを見ていると、ブルドーザーが轟音を立てて古い中国人街の町並みを取り壊している。そのすぐ横では、中国の民族服を着たお婆さんが、まさに壊されつつあるその住宅兼店舗の柱にしがみついて、何か叫んでいる。その画面に流れてきたテロップを読んで、びっくりした。それには、「再開発に頑強に抵抗する老婆」とあったからである。「いくらなんでも、これはひどい。本当に可哀想なことをする。このお婆さん、家族や先祖の思い出のあるこの店と家が壊されるのが忍びなかったのだろう。」と、いたく同情をしたものだが、その一方、「早い話、上野から京成電車に乗って成田空港に向かう途中、近代的なスカイライナー電車が走るその両脇には、線路に倒れてくるのではないかと思うくらいにびっしりと木造住宅が立ち並んである。これこそ、アジアを感じさせる混沌とした市街地だ。仮にこれを一掃しようとすれば、これくらいの強権的な権力を行使しないと、こんな近代的な街並みは実現しないのか。日本ではまず絶対に無理だな。」と、日本の現状について、妙に納得してしまった。

 ともあれ、出来上がったシンガポールの、まるで豊洲やお台場のような近未来の街並みは、確かに旅行者のみならず、優遇税制も相まって世界の金持ちを引き付けてやまない。その一方、現地に滞在すると、正直なところ、監視付きで住んでいるような居心地の悪さを感じないわけではないが、安全で清潔で、全てにつき合理的で効率的なところは世界一であることは確かだ。その代わり、ペナンやマラッカのような歴史や文化や(良い意味での)アジア的猥雑さを感じさせるところに欠けるというのが私の唯一のマイナスのコメントであるが、一人当たりGDPが世界10位という経済力からすれば(日本は22位)、そんなことは小さな問題かもしれない。いずれにせよ、中心部から30分以内に世界一流のビジネス街、ホテル街、カジノ、熱帯リゾート(セントサ島)が並んでいるという国は、他にまずないだろう。

 そういうことで、私の別荘は、それこそ世界中にあるというつもりで、関心と興味のおもむくまま訪れて、そこでの滞在を楽しんでいる。滞在先では、写真を撮り、現地の新聞を読み、人の話を聞き、食べ歩き、観光地を訪ね、こうして備忘録のようなエッセイを残すことにしている。この夏も、東南アジアに行ってきた。大変によかった。寿命が数年伸びたような気がする。




(2017年9月11日記)


カテゴリ:エッセイ | 22:05 | - | - | - |
駐在員奥様レポート

クアラルンプールの現代の市場


 昔の資料を整理していると、思いがけない宝物が見つかることがある。先日は、私が東南アジアの国で駐在員をしていたときに、家内が「奥様レポート」と題して、いわゆる社内報に掲載した文章が出てきた。2人で読み進むうちに、若さに任せてひたむきに生きていた当時のことを思い浮かべて、懐かしくなるやら、何とも切なくなるやらで、非常に感慨深いものがあった。改めて、家族思いの家内に感謝しつつ、その勇気ある微笑ましい冒険を記念して、ほぼ同じ文章をここに掲げておくことにしたい。なお、ここに掲げた市場の写真は最近のものであるが、もはや近代化がかなり進んでしまって、家内が買物をしていた35年前の頃のプリミティブな時代の名残りは、残念ながらほとんど感じられなくなっている。

クアラルンプールの現代の市場






   「奥様レポート」


 洋の東西を問わず、買物は育児とともに主婦の大事な仕事です。そして、買物のコツは、要するに「新鮮」で、「質のよい」そしてなるべく「安い」ものを手に入れることだと思います。

 この国の首都である当地は、「豊かな木々の緑の中にしゃれた建物が立ち並ぶ近代的な都市」というのが日本からの旅行者の方が異口同音にいわれる感想です。外国人が日常の食卓を飾る買物をするには、すばらしいショッピング・センターの地階に政府直営のスーパー・マーケットがあり、少なくとも種類の豊富さという点では日本の地方都市のスーパーにもひけをとりません。また、最近では日本のスーパーが進出をしはじめており、おかげで日本食品で手に入らないものはないほど恵まれています。

 冷房のきいた部屋で「きれいに」買物するには、スーパーほど便利なものはありません。しかし、生鮮食品を買おうとしますと、質はともかく、新鮮さでは及第点をつけかねます。値段にいたっては完全に落第です。でも外国人の主婦にとっては、少なくとも母国並みの環境で言葉もほとんど使わずに買物をすますことができるのは、非常にありがたいといえましょう。そこで、私ども外国人の主婦の中でもこのようなスーパーだけで買物をすますという人達もいます。しかし、私のように、これだけではあきたらず、特に生鮮食品について、新鮮さを求めて、地元の伝統的な青空市場に出かけて買物をするという人達もいます。そこで以下では、このローカルの典型的な市場にご案内したいと思います。

 当地では大小様々な青空市場がありますが、その大半が中国人(全人口の35%)によって運営されているといっても言いすぎではありません。 毎朝たつ店の数、品物の量、そして繰り出す買物客を見るにつけ、中国人の食に対する意欲には並み並みならぬものがあり、それがいつも市場に活気を与えているのです。

 まだ暗い明け方から、ぼつぼつ店が開きはじめます。店といっても俄か作りの屋台のような「露店」で、小型トラック、バイク、自転車やリヤカーなど思い思いのものを使って、どこからともなく荷物を引っ張ってきては適当なところに開店します。とはいえ、よく注意してみると同じ人は大体同一の場所に陣どっています。

 露店は、八百屋、魚屋、豚肉屋、鶏屋をはじめ豆腐屋、卵屋、焼豚屋、果物屋などの食料品店や、花屋、布地屋、靴屋、玩具屋、衣料品店、雑貨商などさまざまで、これだけでも約200店はあるでしょう。これらの青空露店は、中心となる一棟の建物(市場の原型で中に70店ほど入居)の周辺の広場のような道路をすきまなく埋めています。

 さて、いつものように、朝、主人と子供を送り出した後、車で10分ほど走り、駐車場に車をとめて、汚れてもよい服装と靴で道に降り立ちます。市場に近づくにつれ、あたり一面にただよう異臭に鼻が驚きます。周囲の店に並んでいる豚の頭、耳、爪のついた手足からはじまって、羽をむしられた鶏、皮をはがされた蛙などを横目で見つつ、店と人垣の間を縫って進んでいきます。そろそろ鼻も多少のことでは感じなくなります。今日はどの店に新鮮なものがあるかと一軒ごとに覗きつつ、外れの方まで一通り見ながら歩いて行きます。

 当地の食べ物には果物以外には季節がなく、年がら年中、同じものが出ています。加えて、種類に乏しいので、いつもながら同じものを買うことになります。でも、多少は旬の時期があるようで、きゅうり一本でも美味しいものに巡り合うと、その日の夕食には家族の誰かが必ず気がつきます。おかげで気がぬけません。

 青空市場の常識として、もともと正札というものはなく、また店どうしの協定価格のようなものはないので、買いたい人が売り手の言い値をなるべく値切って買うことになります。この「小さな商談」の時、決してあわててはいけません。特に、英語で聞くと、外国人であることがすぐにわかり、高い値をふっかけてきます。そこで恥ずかしがらずに中国語で「いくら」と聞いてみます。よかった、通じました。これは買物に来るたびに中国人の買物客の会話を注意して聞いて何とか習得したものです。もちろん、お金の数え方も大事です。複雑でわからないと、親しくなった八百屋の気のいいおばさんに確かめてみます。発音を直してくれました。ありがとうおばさん。にやにやしています。今日はなるべくここで野菜を買うことに決めました。

 さて、魚屋を覗いてみましょう。名前も知らないような魚がいくつも並んでいます。ところが、店の人は魚の名前を尋ねても知らないことが多く、要領を得ません。仕方なく、じっくり魚を観察して「イトヨリかな」などと考えます。もっとも私としても魚の知識は貧弱ですから、最終的には目をつぶって買うことになります。もし失敗して変な魚を買ってきても大丈夫。自宅のワンちゃんが綺麗に平らげてくれます。

 魚の売り方としては、日本の魚屋さんのように切り身はほとんどなく、あってもたとえば直径20センチ、長さ70センチほどもある魚を大胆に丸切りするだけです。日本人がよく立ち寄る店では魚を料理しやすいよう捌いてくれますが、随分と高いようです。日本人は高くとも言い値で買ってしまうことを、店の人はよく知っているのでしょう。しかし私は、見よう見まねとはいえ簡単な中国語を話し、あろうことか顔も非常に似ているとのことで、当地の中国人から見ると間違いなく私も中国人なのだそうです。それはどちらでもいいのですが、おかげで私の場合、「外国人価格」に悩まされずに同じ品物を買うことができます。また、買い方としては、日本と違ってその店の信用で買うという習慣はないので、どの店であろうと自分の目で見て品物の鮮度と値段だけで判断し最も良いものを見つけ出して買うことになります。このような買い方は時間もかかり最初は不安感も手伝って面倒でしたが、慣れるとこれが買物の原点ではないかと、かえって楽しみになってきました。

 30分ほど市場の中をうろうろしていますと、そろそろ荷物が重く、肩もこってきました。とにかく駐車場にいったん引き上げ、また出直してきましょう。腕も疲れ汗がふき出してきましたが、もう一度市場へ、二回戦です。

 冷気の効いたスーパーのことを考えれば、青空市場で時間をかけ汗もかいて苦労して買うのは何か滑稽な感じもします。でも、家族に新鮮で美味しいものを食べてもらいたい、できれば家計の足しにもなるのかな、いや私もこんな買物を楽しみにしているのかな、などと考えながら、今朝も青空市場に向けて車を走らせる私です。




(2017年9月 9日記)


カテゴリ:エッセイ | 20:20 | - | - | - |
国際鉄道模型コンベンション

005.jpg


 国際鉄道模型コンベンション(第18回)に行ってきた。2回目である。前回は、2012年8月の第14回だったから、5年前のことだ。そのときは、鉄道模型そのものより、ジオラマのレベルが高くて、それに感心したものである。今回も、入ってすぐ左手に、東京駅の模型を中心に、小さな電車の模型が走り回っていた。東京駅の模型がよくできているなとつくづく見入っていると、何とあちこちに隣のトトロや猫バスなど、スタジオ・ジブリにちなんだ人形があって、その遊び心あふれる仕掛けに、つい笑ってしまった。そうかと思うと、黄緑色の山手線の電車が走る脇に、コンビニや衣料品ストアの看板が掲げられた量販店の模型がある。その屋上に舞台があって何かのショーをやっていて、大勢の人がそれを見ている。その次には、桜の木々があるのんびりした山あいの地域に跨線橋のある駅があり、そこを東西に2本の路線が走っている。中央線だったら、藤野の辺りはこんな感じだ。作者は、こういうところのご出身かもしれない。何かジオラマを作るとなると、日常、目にしているところか、あるいは出身地の情景が目に浮かぶはずである。

005.jpg


005.jpg


022.jpg


 米を商っている小さな商店があり、その前を蒸気機関車が走る。これほど小さな模型なのに、ちゃんと蒸気を吐いているから面白い。考えてみれば、いまどき本物の蒸気機関車に長時間乗った経験のある人は、あまりいないのではないだろうか。実は私は、昭和31年、父の転勤に伴って神戸から福井まで延々と蒸気機関車に乗ったことがある。何時間かかったのかは、もはや忘却の彼方であるが、ともかくあの固い直角の座席にもう嫌というほど長時間座っていた。途中、機関車の煙に含まれている煤のために、常に非常に臭かったし、いざ着いてみるとタオルで顔を拭ったら真っ黒になったことを覚えている。蒸気機関車とは、そんな不快な経験のある乗り物だったのだけれど、今や古き良き時代の鉄道のシンボルとして脚光を浴びているから、ノスタルジーのなせるものとはいえ、誠に不思議なものである。ちなみにその当時の町中には、このジオラマのような商店ばかりだった。更に先に進むと、山中の川沿いの温泉町にある温泉ホテルのような建物がジオラマで作られている。実によくできていて、今にも川の流れの音が聞こえて来そうである。もちろん、電車が走っているが、むしろホテルの建物や川の情景の方に、目を奪われた。

005.jpg


005.jpg


 おやおやこれは、丸型ジオラマとでもいうべきものだ。丸くなっている土台の上に、ホテル、そのプール、一軒家の家々がびっしりと立ち並び、電車は半分だけ地上に出て走り回っている。そうかと思うと、有名な「関東学院六浦中学校・高等学校鉄道研究会」の、藤沢から江ノ島にかけての街並みが本物そっくりに再現されているジオラマがある。鎌倉大仏が鎮座ましましているし、よく出来た街中の建物の間を縫ってチョコマカ走り回る江ノ電が実に可愛い。自分の鎌倉の街を愛情を持って再現しているから、その情熱があちらこちらに感じられて、実に素晴らしい。家内も、じっと見入っていて、後から、「これが一番、良かったわ。先輩から受け継いで、どんどん良くして来たのよね。」と話していた。なるほど、その通りである。

005.jpg


005.jpg


005.jpg


 プラレールのコーナーがあり、子供たちが熱心に取り組んでいる。平面的なコースは、小さな子たちばかりだが、立体的なコースはさすがに大きな子たちが中心だ。それにしても、三次元の集積回路と同様に、これは誠に複雑な構造である。見ていて、目が回ってきた。先を急ごう。あれあれ、これはレゴではないか。人形もそうだし、走り回る電車の先頭の斜めの線などで、それとわかる。一昔前の単純でシンプルなレゴとは全く違い、表現力が全く違って完全な別物になっている。東京や名古屋にレゴランドができているが、これなら、子供たちも面白いと思うだろう。

005.jpg


005.jpg


005.jpg


005.jpg


005.jpg


005.jpg


005.jpg


 ああ、これもすごい。ミニジオラマだ。多言を弄するよりも、写真を見ていただきたい。山深い地域を流れる川、藁ぶき農家、池などがある。ごくごく小さなものだけど、林間鉄道の模型で、トロッコ電車が木橋を渡っているジオラマがあり、更にその先には小さいながらも転轍機がある。これらになぜか引き付けられて、しばし見入ってしまった。おやまあ、これは面白い。小さな丸いガラスの容器の中に、苔などが植えられていて、その周りをミズスマシのようにチョコマカと電車が走っている。これにも、思わず目を奪われた。

005.jpg


005.jpg


005.jpg


 「スイッチバック 山と河川の風景」という作品も、単に電車が左右に行ったり来たりするものに過ぎないが、ついつい、その動きを目で追ってしまった。列車の前に掲げられている「能登」「白山」「雷鳥」「白鳥」「はくたか」のプレートがある。実は、私はこれらすべてに乗ったことがあるから、それだけでも懐かしくて、万感、胸に迫るものがある。

005.jpg


005.jpg


005.jpg


 会場を4分の3ほど回ったところで、いささか疲れてきたから、目の前にあるテーブルの椅子に座った。すると家内が、「荻野家の峠の釜めしがあるわ」という。おっと、こんなところにあるとは思わなかった。昔、信越本線経由で北陸に向かうときに、横川駅で機関車の連結作業があって時間がかかったので、そこで売られていたこの釜飯をよく買って車内でいただいたものだ。懐かしくなって買い求め、2人でじっくりと味わった。気のせいか昔と比べて、味が薄くなったような感じがしたが、今時の味に合わせて健康志向になっているのかもしれない。食べ終わったら、分別回収に協力だ。

005.jpg


005.jpg


 ああ、これも素敵な組み合わせだ。お城をバックに、新幹線のドクター・イエローが走っている。どこか現実離れがする感は、お城の屋根の薄緑と新幹線の黄色の対比から来るのかもしれない。それから最後に、宮下洋一さんが作られた精巧なジオラマを見物した。自動車の形からして、これは昭和30年代前半の頃だろう。駅前の定期券発売所、大衆食堂と酒場、野球をしている子供たちの姿まであり、懐かしさで胸が一杯になる。鉄道模型を見に来たつもりだったが、ジオラマで表現された昔の風景の方に、心が奪われたようである。かくして、暑い夏の厳しい気候の中にもかかわらず、半日ほど2人とも童心に帰って、じっくりと楽しむことができた。



(2017年8月20日記)


カテゴリ:エッセイ | 22:39 | - | - | - |
イスラム美術館

023.jpg



1.MRT鉄道

000.jpg


 クアラルンプールのイスラム美術館に行ってきた。国立モスクに隣接している。最近、同市内ではモータリゼーションが飛躍的に進んでいる一方、道路の整備が追い付かず、市内は慢性的に渋滞している。そこで、同時に整備が進められている鉄道網を利用してみることにした。公共交通機関で、今年の5月に全線開通したばかりのMRT(The Klang Valley My Rapid Transit)という鉄道に乗った。路線図を見ると、これはクアラルンプールを南東から北西に向けて斜めに貫く路線である。両端の一部が先に完成して既に電車が走っていて、中心部の7駅だけが未完成だったが、それがようやく出来たというわけだ。

000.jpg


 最新のサンウェイベロシティ・ショッピングモールと、古くからあるイオン・ショッピングセンターからほど近いマルリ駅からMRTに乗った。平日の午前10時頃だったから、駅で待っている人は、ほんのちらほらといるだけだ。「タッチ&ゴー」というプリペイドカードを買って改札を抜ける。日本のスイカと同じ要領だ。読み取り機の反応は、なかなか良い。プラットホームには、ホームドアがある。高さは、大人の顔くらいだが、転落防止にはこれで十分だろう。ホーム上の案内スクリーンを見上げると、青地に白抜きの文字で、縦に「1st. 3min.、2nd. 10min.、3rd. 17min.」と並んで表示されているので、あと3分後に電車が来そうだ。待っていると、MRT電車が静かに到着した。お台場のゆりかもめのような無人運転の4輌編成で、車体はさほど高くない。乗ってみると、座席は固いプラスチック製である。これがもし日本で季節が冬だと、冷たくてとても座っておられないところだが、ここは常夏の国だから、この方が良いし、掃除も簡単なのだろう。ただ、車輌は小さいから、1輌当たりの輸送力は、日本の首都圏の鉄道車輌と比べれば、かなり少ないのではないかと見受けられる。

 事前に調べて、イスラム美術館は国立モスク(現地語で、MASJID NEGARA)の裏手にあることがわかっていたので、そうするとMRTの路線上のパサール・セニ駅(中央マーケット駅)が最寄りの駅だ。そこで、グーグルの地図でパサール・セニ駅からイスラム美術館への道順を表示させたら、川の向こう側に行くのに、わざわざ隣のクアラルンプール駅に行ってまた戻るという馬鹿馬鹿しいルートが表示されて、しかも徒歩22分と出た。そんなはずはない。せいぜい10分くらいの距離のはずだ。地図をよくよく見ると、川の上に細い道があって、向こう岸の国立モスクに繋がっている。たぶん、この道の方が正解だ。東京でグーグルの地図が初めて利用され始めたばかりの時のように、当地では、グーグルの地図はまだ発展途上のようだ。

 乗った車輌は、マルリ駅のいくつか先で地下に潜る。そして、再び地上に出たと思ったら、パサール・セニ駅に着き、そこで降りた。駅のプラットホームは地下2階ほどのところにあってとても涼しいくらいだが、そこから長いエスカレーターで上って地上に出ると、むっーとする暑さが体にまとわりつく。駅のすぐ脇には泥川が流れている。「あれあれ、これはひょっとして、クアラルンプール(泥川が合流するところ)の語源となったクラン川(そのすぐ北の地点で、ゴンバック川と合流する)ではないか。では、この川を渡ればよい。」と思いつつ見回すと、国立モスクはこっちという矢印表示がある。どうやら川の向こう岸に、やはり交通機関のKTMコミューターの駅があって、それとパサール・セニ駅が歩道橋で繋がっているらしい。なるほど、これがグーグルの地図上では、川の上に細い道として描かれていたもののようだ。

 ところで、例えば東京の新宿だと、JR、東京メトロ、都営地下鉄、小田急線、京王線、西武新宿線などが集まっていて、慣れない旅行者には、非常にわかりにくい。ここクアラルンプールも、数え上げれば、MRTの1路線、KTMコミューター3路線(うち、1路線は未開通)、LRT3路線に加えて、KLモノレールなるものがある。そのほか、KLIAエクスプレスとトランジット2路線があって、これは国際空港や行政首都のプトラジャヤに行く。合計10路線だ。その多くは、KLセントラル駅を通るから、その点はよく出来ている。だから、路線図は、この駅を中心に見ていけば、わかりやすい。問題は、駅どうしが繋がっているけれども、かなり歩かなければならないようなところである。このパサール・セニ駅もそんなところがあって、MRT駅からKTMコミューター駅まで、細々とした回廊のようなところを歩く。もっとも、東京でも大手町駅で乗り換えようとすると、初めての人はまごつくから、それと同じかもしれない。


国立モスク


国立モスク


国立モスク


 そういうわけで、MRTのパサール・セニ駅から歩いて、KTMコミューターのパサール・セニ駅に着いたが、国立モスクは、さらにその先だ。クラン川上の橋を渡り、迷路のような駐車場の建物を抜け、地下の歩道橋を渡って、やっと国立モスクに着いた。それをぐるっと半周くらい回って、ようやくイスラム美術館となる。


2.イスラム美術館


イスラム美術館


イスラム美術館


イスラム美術館


 イスラム美術館に着いたはずなのだが、道路の左右にそれらしき建物がある。特に左の建物は、立派なイスラム模様を施してある。これかなと一瞬思ったが、事前に調べた外見とは違う。守衛に聞いたら、これはオフィスで、美術館本体は向かい側だという。そこには、入り口こそモスク風の玉ねぎ形だが、他はがらんどうの何の変哲もないコンクリートの空間が広がっている。イスラム的な雰囲気はある。でも誰もいない。本当にここかと思いつつそちらに行き、やっと見つけた脇の階段を降りていくと、そこにようやく美術館の入り口があった。愛想のいい係員に14リンギットほどの入場料を支払って、入った。私のすぐ後に、白人の若いカップルがやって来て、こんなやりとりをしていた。

 係員「いらっしゃい。お嬢さんは、学生さんですか。」
 女性「いいえ。違います。でも、聞いてくれてありがとう。」

 学生なら、入場料が半額になる割引きがあるそうで、係員は確かめたかったのだろうけど、女性は、学生さんと若く見られて、どうやらひどく嬉しかったようだ。乙女ごころは、洋の東西を問わず、変わらない。


イスラム写真展


イスラム写真展


イスラム写真展


 イスラム教では、偶像崇拝が禁じられているから、日本の寺院のように、仏様を拝んで感情移入をするということは出来ない。だから、イスラム美術といえば、偶像に繋がるような造形ではなく、せいぜいタイル模様の延長のような幾何学模様しかないだろうという程度の認識であった。ところがまず最初の展示は、「心の旅」と称する50人の写真家の写真の展示である。中でも、イスラム教の寺院であるモスクが、主に取り上げられていた。ここで見るモスクの数々は、朝焼け、夕焼けに映し出されたり、目の前の湖に青い空と白い雲が写ったり、空の色との対比が鮮やかな濃いピンク色をしていたりして、息をのむほどに、実に美しい。時間が経つのを忘れて、思わず魅入ってしまった。しかも驚いたことに、雨上がりの森の道を、数人のマレーの子供が楽しそうに語らいながら歩く後ろ姿もある。また、父の手を引いてさも嬉しそうにモスクの階段を登る子供の姿もある。いかにも、人間らしい平和な風景だ。宗教や人種、時代を超越した感がある。私も、暇ができたら機会を作って、是非こういう写真を撮ってみたいものだと、つくづく思う。

イスラム写真展


イスラム写真展


 それから、 ミュージアムショップや図書館の脇を通って、展示室に向かう。その前に、暑い外から冷房が効く建物の中に急に入ったためか、汗がとめどもなく出てきて、シャツがびっしょりと濡れてしまった。このまま館内の冷気に当たり続けると風邪を引きかねないので、身障者トイレで着替えさせてもらった。ひと息ついたので、レストランに行くと、昼食はちょうど12時からだというから、まだ1時間ほど早い。展示を見てからまた戻ることにした。

クチ族の衣装


 いつもの通りの無手勝流で、興味の向くままに展示品を見て行く。個々の展示品に英語とマレー語の説明があるが、暗い上に字が小さいので、見辛いことこの上ない。途中で説明を読むのを諦めて、大まかな題名を眺めることにした。インド・ギャラリーでは、インドの王侯貴族の肖像画、衣装、家具などがある。テキスタイル・ギャラリーでは、アフガニスタンの遊牧民「KUCHI」(クチ)族の女性の衣装というのが誠にカラフルで、非常に印象に残った。これを着て、男性を魅惑するのだろうか。その他、中央アジア系のイスラム女性の衣服は、色使いといい、デザインといい、非常に魅力的である。そういう衣装を、上から下まで真っ黒で目しか出していない、おそらくサウジアラビアからの観光客のような黒づくめの女性が見ているのは、珍妙な風景である。ただ、宗教問題なので、事は微妙である。

マヤ文明を想起させるモチーフのイスラム模様


マヤ文明を想起させるモチーフのイスラム模様


 次に、マレー風のテキスタイルが、いくつか展示されている。今でも 街中で目にするデザインが多い。当地では、歴史的にインドや中国との貿易が盛んで、そういうところから、こうしたデザインが定着していったらしい。まあ、何というか、マヤ文明を想起させるモチーフの文様もある。これは、14世紀から16世紀にかけて全盛期を迎えたチィムール王朝が工芸を尊重して周辺国に広めさせたものだそうだ。そうかと思うと、絹でできた立派な衣装がある。これは、3世紀から7世紀にかけてシルクロードを実質的に支配していたソグド人のものだそうだ。ソグド人といえば、唐の玄宗皇帝時代に反乱を起こした安禄山は、確かソグド人の血を引いている。高校で習った知識が、半世紀ぶりに蘇ってきた。

宝石のギャラリー


宝石のギャラリー


宝石のギャラリー


 宝石のギャラリーは、非常にわかりやすい。ややゴテゴテとしているが、そのまま現代でも使えそうな飾りが多い。例えば、金地に緑や赤の宝石を飾ったパイプは、素晴らしい。青いトルコ石を使った19世紀のネックレスは、誠にモダンなデザインだ。トパーズやサファイアのネックレスも、実に美しい。

武具のギャラリー


武具のギャラリー


武具のギャラリー


 武具のギャラリーには、オスマン・トルコの男性の武具、装飾品、肖像画などがある。特に、ペンダントに入れられた男性の肖像画は、なかなか味がある。誰がどこで、こんなペンダントを身に付けていたのだろうと、不思議に思う。やはり、戦争に行った夫を思う妻なのだろうか。単発式の昔の銃がたくさん並んでいる。しかも、銃把に虎などの動物の像が彫られているから、面白い。クリスという不思議な形の短剣がある。何が不思議かというと、普通の短剣は左右が対照的なのに、これは非対照で、まるで平仮名の崩し文字のような形をしているからだ。まあこれは、説明に文字を費やすより、実際に写真を見た方が早い。

陶磁器のギャラリー


陶磁器のギャラリー


 陶磁器のギャラリーでは、昔の中国から輸入された、イスラム模様やコーラン文字が描かれた陶磁器がたくさんあった。金属ギャラリーでは、精巧加工された銀やブロンズ性の作品が置かれている。硬貨のギャラリーでは、硬貨のツリーや、金貨に目を奪われた。この他、マレー世界ギャラリーというのがあったようだが、残念ながら、気が付かなかった。考えてみると、文化を残すというのは、少なくとも数百年に渡る平和が続き、国民の中で裕福で文化的な生活をする層が一定数いないとあり得ないことだから、その点、まだ時期尚早ということなのかもしれない。

 そういうことで、展示品をあらかた見終わったのであるが、その印象を取りまとめていえば、この美術館は、最初思っていたような「イスラム教そのもの」の美術館ではない。そうではなくて、「イスラム諸国の美術品や民族品」を集めた美術館だということが、よくわかった。だから、最初はモスクに入るような緊張感があったのだけれど、そこまで用心することもなかったというわけである。

 さて、もうお昼がすぎてお腹がすいた。この美術館のレストランに行く。60リンギットのブッフェ・ランチしかない。日本円で1500円ほどだから、食料品が安いこの国では、相当に高い。でも、喫茶メニュー以外はそれしかないので、やむなく注文した。肉の種類を選べというので、鶏肉にした。周りを見ると、あまり客がいないくて、 もう70歳くらいの白人女性が2人、中国人の旅行者らしきカップルが1組、それに日本語を話す男性を含む3人組、それだけだ。

 ウェイターのお兄さんが、「あそこにある」とばかりに、顎をしゃくってブッフェの方向を示す。そちらに行くと、サラダ、豆、卵、干し魚の細片などが、10種類ほどお皿に盛られている。これは、ダイエットに良いとばかりに、全種類を大きなお皿に盛る。ついでに、メキシコ料理のトルティーヤらしきものを席に持ち帰り、また引き返して、お魚のスープをいただいてきた。いずれも 、(「マレー料理にしては」と言うと叱られそうだが)、味が良くて美味しい。トルティーヤもスープとともに3枚ほど続けて食べたので、お腹がいっぱいになった。そうこうしているうちに、 メインデイッシュの大きなお皿が運ばれてきた。うっかり、そんなものがあるのを忘れていた。そのお皿には、カレー味の角切り鶏肉、レタスなどの野菜、こんもりと盛られたお米が、綺麗に盛り付けされていた。それを見ていると、また別腹で食欲が湧いてきて、お米は半分ほど残したが、後は皆、食べてしまったから、我ながら驚いた。ついでに、デザートのムースと西瓜も平らげてしまった。その日は、ドリアンも食べてしまったことから、はてさて帰国した後、果たして体重が何キロになっているかが、目下の気掛かりなことである。


ドリアン




【後日談】 帰国して体重を計ったところ、行く前の71kgが、72kgと、ちょうど1キロの増加にとどまった。あれだけ食べていたことを考えると、上々の出来かもしれない。暑くて外出時には汗をたくさん流したし、それに加えて、毎日ホテルのジムに行って運動したおかげかもしれない。ちなみに、帰国してからさらに気を付けて、1週間後には、70kg台へと落とすことができた。






 イスラム美術館(写 真)




(2017年8月3日記・10日追記)


カテゴリ:エッセイ | 20:13 | - | - | - |
義理の母の最期の日

IMAGE02.jpg


 家内の母、つまり私の義理の母が、とうとう亡くなってしまった。享年92歳だし、「人生、もう思い残すことはない。」とおっしゃっていたから、いわゆる大往生というところである。今は初夏だが、数ヶ月前の初春の頃、約1ヶ月にわたって、一度危ない時期があった。しかしそれをどうにかこうにか乗り越えて、ようやく回復したばかりであるから、今から振り返えれば、本人にも周りにもあれが心の覚悟をする一種の予行演習となったのかもしれない。

 それが、今年の2月から3月にかけてのことであるが、そうやって1週間ほど食べられない、水も飲めないという状態が続いた。ところがその後に、いつの間にか、家内がお見舞いに持って行った好きなお菓子やフルーツを食べ始め、日を追っていつもの量の食事が食べられるようになって危機を脱した。体重は少し落ちたが、バイタルの数値、つまり呼吸、心拍、血圧も正常に戻り、ほっとしたものである。同じ老人ホームに、心臓が3回止まったけれども、そのたびに何とか生きかえって、車椅子生活だがゲームに興じている女性もいるから、「それに比べれば、こちらは第1回目の生還だね。まだまだ行ける。」と、楽天的に話していたくらいである。ところが、今月に入って老人ホームから、「お母さんが、また食べられなくなりました。」という連絡が入った。そこで家内は、東京から静岡まで、新幹線で駆けつけた。すると、固形物だけでなく、水も飲めなくなって、口に高カロリーの液体を少し含ませるのがせいぜいという程度になっていた。こういう場合に、病院に運び込んで、補水液を点滴したり、極端な場合は胃瘻をこしらえて身体に栄養分を人工的に送り込んだりするというのも一案である。しかし、生前に本人とよく話し合って、「それはしない。自分の力で最期まで行きたい。」ということになっていた。今回も、本人に確認すると、延命治療は、強く断られた。ということで、本人の自然の体力だけで、この2週間近くを生き抜いてきた。本人は、「どうなっても、老人用おむつは付けない、トイレは必ず自分で行く。」という強い意志、つまり「こだわり」を持っていて、亡くなる数日前、全く動けなくなるまで、それを実行していたから、老人ホームの施設長さんをはじめ皆さんは、驚くやら、あきれるやら、感心するやらで、「最期まで、頭脳明晰だし、誇り高く生きるというこだわりがある。我々もたくさんの人を看取って来たけれども、こんな人は、初めてです。」と語っていた。

 今回、家内が駅前のホテルに泊まりつつ、老人ホームの母の居室で、母の脇に添い寝したりして、よく頑張った。前回はそれが2ヶ月余りに及んだが、今回は1週間ほどいたところ、老人ホームでの見舞いを終えていったんホテルに戻った。それでホテルのベッドで休み始めたばかりの午前零時頃に老人ホームから電話があり、「呼吸が乱れてきました。いよいよかもしれないので、すぐに来て下さい。」とのこと。それから直ぐに駆け付けて、また添い寝したそうだ。そのまま、何事もなく朝を迎えた。そのとき、母が「どうか、この人を早く楽にしてやって下さい。」とつぶやいたという。一瞬、家内は母が自らのことを言っているのかと思ったそうだが、「この人」というのは、娘の自分のことを言っているのだと気が付き、此の期に及んでまだ娘の私の身を案じてくれていると、心から感動したそうだ。


IMAGE02.jpg


 一方、私は、自分の父の七周忌を終えて帰京したばかりだったが、昼過ぎの新幹線で、静岡の老人ホームに駆け付けた。義理のお母さんに対面したら、もう話すことはできなくなっていたものの、私が話し掛けると微笑んでくれたように思えたし、話しつつベッドの反対側へと移動すると、私を目で追ってくれていたから、十分に理解していたのだと思う。そういえば前回、母から「この子(つまり家内)をよろしくお願いします。」と言われたので、「もちろん。大丈夫ですよ。」と話したことを覚えているが、今回、また同じことを言うと、安心したような顔をされた。そのようなやり取りをしていたときに、老人ホームの方が、「では、簡単にお風呂に入りましょうね。」とやってこられたので、私と家内は、部屋の外へ出て、リビングルームの水槽の前のソファーに腰掛けて「お母さん、あなたのことが気になっているのだよ。最後まで、親なんだね。有り難いね。」などと、家内と話していた。すると、老人ホームの看護師さんが小走りにやって来て、こう言った。「心臓が止まっています。」。こちらこそ、心臓が止まりそうになりながら、家内と2人で駆けつけると、母はもう、息をしていなかった。時に、午後2時35分である。家内も私も、ベッドの傍らで、ただ頭を下げるだけだった。

 老人ホームの職員の皆さんが次々にやってこられて、両手を合わせて故人に弔意を表してくれた。そのたびに家内が頭を下げて、感謝の意を伝える。両目をはじめ顔が真っ赤になり、涙声になるのは、やむを得ない。母は最期まで、頭脳明晰だったし、入居してもう5年半という古株になっていたから、個々の職員さんたちと、色々な交流があったようだ。だから、その死をそれぞれの言葉で悼んでくれる。たとえば、まだ30歳代の半ばの人なのだけれど、理学療法士さんが来た、その方は、亡くなったと聞いて真っ先に飛んできてくれた。身体が硬直する前にと、亡骸の姿勢を整えながら、顔をクシャクシャにしつつ、涙声で「お母さん(つまり義理の母)と、『3年後の東京オリンピックを一緒に見ようね』と約束していたのですけれどねえ。もう亡くなられてしまって。」と言う。また、「お母さんは計算が速かった。3桁の繰り上がり計算を含むプリントも、1枚をやるのに他の入居者の皆さんの中には1日がかりの人もいるのにね、それをたった10分もしないでやるんですよね。いや、すごかった。それに、漢字もよくご存じで、私などは辞書を引きながら、やっと採点できた有り様です。」とも語る。

 また。母は、今年の4月に入ったばかりのお兄さんに、「ハンサム・ボーイ」という渾名を付けて、「そこのハンサム・ボーイさん、湿布を取って来て。」などとやっていたそうだ。そのハンサム・ボーイさんも、枕元にやってきて、理学療法士さんとともに、母の亡骸に向かって、両手を合わせて「どうか、安らかに」と言いつつ、自然に合掌してくれている。そこへ、老人ホームが呼んでくれたようで、地元にいる義理の妹夫婦が駆けつけて来て、妹が泣き崩れる。いやもう、涙なしにはいられない。次に、かかりつけ医がやって来てくれた。これまで、月2回の定期健康診断をしてくれていた人だ。まず聴診器を母の胸に当て、次にライトペンで母の両眼を診てから時計に目をやり、「死亡を確認しました。午後3時12分です。」と事務的に言った。そして事務室に行って、死亡診断書を書いてくれた。それが1枚の大きな紙の右側である。左側は死亡届で、葬儀社を通じて市役所に提出するものだ。

 葬儀社に連絡をして、母の遺体を運んでくれるように手配をした。それからが驚いたことなのであるが、どこからともなく職員の方から、「そうだ。最後のお風呂に入ってもらおう。」という声が上がり、もう亡くなっているというのに、生前と同じようにして、お風呂に入れてくれた。こういうところは、心がこもっているというか、本当に親切だ。母に敬意を払ってくれていないと、できないことだ。お風呂から上がって身体を拭き終わった頃に葬儀社の車が到着して、母の亡骸を斎場まで運んでくれた。それにしても、この老人ホームは良い。他のホームから移ってきた職員によると、そこでは 「例えば事務室ではスタッフが書類の上に目を落とすばかりで何もしないので、入居者との会話もなく、入居者もリビングルームではただ突っ伏しているしかない。ただ、設備はこの老人ホームよりもずーっと豪華です。その点、ここは設備そのものは大したことはないかもしれませんけれど、入居者とスタッフとの交流があるし、入居者相互もお互い知りあっています。また、スタッフの間もミーテングをよく開いて、改善の提案をしているから、風通しが非常に良いんです。」という。なるほど、設備がいくらよくても、運営するノウハウがなければ、無茶苦茶になるわけだ。乳幼児の保育園もこれと同じで、設備はそれなりにあっても、個々の子供に話し掛けもせずに、テレビを付けっ放しにして、ただ転がしているという、ひどいところもある。それと同じだなと思った。


IMAGE02.jpg


 それから数日後、母の通夜と葬儀を執り行った。通夜には、老人ホームの施設長さんほか4人の職員も来てくださり、家内と抱き合って悲しみをともにしてくれた。有り難いことである。葬儀が終わり、火葬場での骨あげの後、お寺さんに納骨をした。家内の家とこのお寺さんとは三代にわたる付き合いがあるそうだから、ご住職さんも、心臓の大手術直後で体調が悪い中なのに、相当無理をされて、読経を行うためにやってこられた。頭が下がる思いである。ところで、家内のところは2人姉妹なので、ありていにいえば、お墓を継承する人がいなくなる。そこで、このお寺さんとは、永代供養をお願いするということで、合意しているそうだ。永代といっても、50年ということだそうだが、こういう場合は、他によい方法があるのだろうか。

 お墓といえば、私の息子のところに男の子の孫が生まれて、後継者はできた。しかしながら、いずれも東京育ちということになるので、私の田舎とはほとんど縁がない。こういう場合には、やがて田舎の墓じまいをして、東京に移転させることになると思うが、現地に妹たちは残っているし、なかなか難しい課題である。だから、関係者がいなくなるか、あるいは納得した上でないといけない。いずれにせよ、私が生きているうちには、結論を出すようにしたいものだ。





(2017年7月23日記)


カテゴリ:エッセイ | 22:06 | - | - | - |
| 1/46PAGES | >>