<< 日比谷公園の噴水と桜 | main | 桜の季節2005 >>
愛宕神社の桜と鯉


 標高26メートルの江戸唯一の小山というと、ご存じ愛宕神社である。オフィスに近いので、お昼にちょいと散歩に出る。この季節のお目当ては、もちろん満開の桜である。寛永11年に四国丸亀藩の家臣の曲垣平九郎が馬で往復したという、目のくらむような出世の階段をのぼり、社殿に到着した。おみくじは大吉。すっかり気をよくしての左右の桜を眺める。左手は、NHKの放送会館で、サラリーマンの皆さんが桜の木の下にかたまってお弁当を食べている。右手にはちょっとした池があり、水面にはもう既に散りだした桜の花びらがびっしりと浮かんでいる。その中ではご覧のような錦鯉がたくさん泳いでいて近づくと餌をねだって大騒動となった。 




(2005. 4. 8)
カテゴリ:- | 22:33 | - | - | - |