<< ティル・オイレンシュピーゲル | main | 航空観閲式 >>
千疋屋スペシャル・パフェ
千疋屋・日本橋本店(日本橋三井タワー)のスペシャル・パフェ


 私が大学を出て東京で仕事に就いたとき、勤務先の向いのビルにあったものが、千疋屋のフルーツ・パーラーである。値段は確かに少々お高いが、新鮮でおいしい果物が食べられるので、昼休みなどによく通ったものである。家内も大好きで、万惣と同様、未だもって、二人で食べに行っている。これは、日本橋三井タワーにある千疋屋・日本橋本店のスペシャル・パフェとフルーツサンドイッチで、新鮮なフルーツをたっぷり使ってある。

 ところで、
千疋屋のサイトを見ていると、その創業の経緯は、こんなことだったらしい。1834年 (天保5年)に、武蔵国、埼玉郡千疋の郷(現在の埼玉県越谷市千疋)の侍であった初代弁蔵が、江戸、葺屋町(現日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えた。1867年 (慶応3年) 三代目代次郎が日本橋本町(室町)に店を移し、やがてこれを洋館三階建の店舗とした。併せて経営の近代化に心を砕き、外国産の果物を輸入し、また国産果物の品質改良に心血を注いだ。その結果、我が国初の果物専門店となり、今日の千疋屋総本店の基礎が築かれたとのこと。

 ははぁ、確かにおいしくて、しかも高いわけだ。まあしかし、あまり果糖を摂らないように、食べ過ぎに気をつけよう。


千疋屋・日本橋本店(日本橋三井タワー)のフルーツサンドイッチ



(2008年10月18日記)
カテゴリ:- | 16:06 | - | - | - |