<< 徒然106.ピンクの家 | main | 北東北への旅 (4・5.十和田、 6.奥入瀬) >>
北東北への旅 (1.プロローグ、 2・3.盛岡と小岩井農場)
盛岡城跡公園の紅葉

盛岡と小岩井農場の写真は、こちら


1.プロローグ

 10月で仕事の区切りがつき、家内と二人で、11月の文化の日の連休に、どこか紅葉を見に行こうかと話をしていた。紅葉といえば京都の嵐山や東福寺の紅葉の美しさが頭に浮かぶ。しかし、最近は温暖化のせいかその最盛期が11月下旬となってしまっているので、時期は早すぎる。そこで、「そうだ。十和田湖あたりはどうだろう。奥入瀬には夏に行ったことはあるが、秋には行ったことがない」ということになった。

 旅行会社に聞くと、前回、宮島や下関に行ったときのような添乗員付きのツアーは、もう締切が過ぎている。あとは、2名以上で運行してくれるJRのびゅうバスしかないといわれた。自分で宿の手配や現地の交通を考えるのも面倒だと思って、それを申し込んだのである。題して、「八幡平、十和田、八甲田コース」というわけである。パンフレットには、あと色々なコースがあったものの、さして気にも留めなかった。しかし、この旅行のパンフレットの謳い文句には、実は深い意味があったのだと、行ってみてから初めて気がついたのである。

2.盛岡と小岩井農場

 2日間のコースのうち、まず最初の日は、朝が早くて午前6時頃に起きて、7時半の東北新幹線はやて号に乗り込んだ。そうすると、もう10時には、盛岡駅頭に立っていた。たった2時間半で、もうこんなところまで来てしまった。東北って、こんなに近かったんだと、思わず二人で同じことを言い合った。残念なことに、天候が良くなくて、少しばかりの雨が降っていた。

 その中を、真っ赤な「びゅうバス八幡平号」というのに乗って、まず盛岡城跡公園へ。同乗の皆さんは、我々と同じような年代の方を中心に、15名ほどで、親子連れも3組ほどいた。ガイドさんは城跡公園を「じょうあと公園」と発音し、そういう看板もかかっていた。しかし、他の土地ならこれを「じょうし公園」というはずなのになぁ・・・と頭に浮かび、我ながらつまらないことを考えると思いながらも、どうも最後まで納得できなかった。そんなことで、ガイドさんの説明が頭に入らなかったものの、雨の中の公園を皆さんと歩き、苔むした石垣と、真っ赤、真っ黄色の紅葉を楽しんだ。紅葉は、雨のせいで、しっとりとした色づきに仕上がっていて、かえって雨もよいものである。ちなみに公園内には、石川啄木や新渡戸稲造の石碑もあった。


小岩井農場と背景の岩手山


 次に向かったのは、小岩井農場である。行く途中で具合よく雨は上がった。現地に着いてみると見渡す限りの草地が広がり、その奥に林が続き、さらにバックには、山々が見えるという気持ちのよい農場である。本当は、岩手山が背景の中心であるはずだが、残念ながら、その日は雲が一面を覆っていて、山裾しか見えなかった。

 総面積は、3000ヘクタールというこの農場は、かつては火山灰土の荒れ果てた原野であったが、それを明治24年(1891年)に、3人の創業者、小野義真(日本鉄道会社副社長)、岩崎彌之助(三菱社社長)、井上勝(鉄道庁長官)が開墾に着手したという。したがって、その頭文字をとって、小岩井農場と命名したとのこと。その後、117年にわたって事業を拡張し、今では、酪農、種鶏、卵、山林、環境緑化、農場商品、観光などを行っているという。

 子供連れで時間があるなら、原っぱで遊ぶところであるが、家内と二人だけであり、たった1時間しかないといわれて、レストランで食事し、何か買い物をしたら、それで終わってしまう。いやまあ、あわただしいが、どうやらこれがこのツアーの特徴らしい。そんなわけで、のんびりジンギスカン料理を食べている暇もなく、100円卵を使ったというオムライスを食べてみたが、とりたてて、おいしいというわけでもなかった。でも、デザートのチーズ・ケーキは、いやこれは、確かに違うという感じのこってりした味で、おいしかった。もっとも、我々中年には、あまり健康にはよろしくなかったかもしれない。

 それで次に、何か乳製品でも買って帰ろうということで、家内と二手に分かれて店内を見て歩き、私は、3種類のジャムを買った。ところが家内は、それを一見したとたん「あら、それは近くのスーパーで売っているわよ」と、一言。買う前にでも、早く言ってほしかった。そのジャムは、かさ張るだけでなく、3個もそろっているので、トランクを重くしただけだった。でも、家に帰ってきて、テーブルの上に並べると、小岩井農場を思い出す品として、それはそれで、なかなか良いものである。

 ちなみに、小岩井農場で買ってきたこの3個のジャムは、眺めているだけではなくて、さっそく翌朝に食べてみた。うーーん。おいしかった。いやいや、別に負け惜しみではない。


盛岡手づくり館お団子屋


3.盛岡手づくり村

 さて、今回の旅行の目玉は、八幡平であったはずなのだが、前々日に雪が降って、そこまで行く道路のアスピーテ・ラインが閉鎖となった。そしていったん除雪作業が成功して昨日は開通していたというのに、残念なことに、きょうはまた雪で閉鎖されたとのこと。

 そういうわけで、致し方なく、進路を変更して「
盛岡手づくり村」に立ち寄った。ここは、いわゆる体験型施設で、いろいろな製品を見学者に作らせてくれる。おせんべい、げんこつ飴、お団子、ラーメンといった食べるもののほか、陶器やら家具やら、それにご当地の南部鉄瓶である。前々回の山形旅行でこけしを作って以来であるから、捲土重来で、陶器の模様付けでも試してみたかったが、時間がなく、あえなく撤退するほかなかった。かわりに、お団子を何本かいただいた。


(2008年11月5日記)
カテゴリ:エッセイ | 00:25 | - | - | - |