<< ビリー隊長のその後 | main | 徒然144.遺伝子操作の世界 >>
大隈庭園
早稲田大学の大隈庭園から見える大隈講堂


 早稲田のリーガロイヤル・ホテルの裏手に、早稲田大学の大隈庭園がある。いまはサツキの花やスイレンが咲いており、誠に見事である。たまたま、きょう訪ねたときは、梅雨のような霧雨にけぶる中で、青々とした緑の木々や芝生と、こんもりと剪定された赤いサツキとの対比がすばらしかったので、記念にその様子を写真に収めたというわけである。ところで、園内にあったこの庭園の由来に関する立札によると、

「この庭園は、井伊掃部頭・松平讃岐守の下屋敷にあった和様四条家風の名園を本学創設者 大隈重信が文人風に改造したものです。没後、邸宅とともに大学に寄贈されました。昭和20年5月の空襲で庭園は廃墟と化しましたが、多くの人々の努力により、ほぼ昔の景観どおりに復元され、今日に至っております。」とのこと。


早稲田大学の大隈庭園のサツキ


早稲田大学の大隈庭園の白スイレン。虫が写っている!



(2009年5月30日記)
カテゴリ:- | 22:39 | - | - | - |