<< 長瀞のライン下り(ビデオ) | main | 人間型ロボット「アシモ」 (ビデオ) >>
徒然160.熱帯魚育成シミュレータ

A_Lifeの水槽の写真

 いやあ、「A-Life 無料熱帯魚育成シミュレータ」というのは、実に面白いサイトである。まあ、とりあえず、このサイトを見ていただきたい。私はお魚好きという点では、人後に落ちないつもりであるが、このサイトは、私以上に本物のお魚の愛好者が作ったものだ。お魚が本当に好きで好きでたまらないだけでなく、我々お魚好きの心理をも実に良く知っていて、かつ愛情がこもっている人だと思う。サイト中の色々なお魚とその動き方は、本物そっくりといってもよいし、エサも生き餌だけでなくペレットなども揃えている上に、ちゃんと世話をしなければお魚は餌をもらえなかったり水槽が汚れたりして、結局は死んでしまう。また、それぞれのお魚には名前を付けられるし、そのうちカップルが生まれて繁殖も可能という。
 
 しかも、水槽で飼うための、底砂、背景、水草、置物などのパーツも色々取り揃えられている。それに、うまく飼えている愛好者なら、自分のお魚と水槽を自慢したいものだけれど、そういうときにと、簡単に水槽の写真を撮って、同好の士にそれを見せたり、コメントの交換やチャットを楽しんだりすることができる。それだけでなく、育てたお魚を友人にプレゼントすることまで出来るのには驚いてしまう。ちなみにこのサイトの管理者は、「企画/製作:ワダー」とあるけれど、その方の人柄が偲ばれる。
 
 さて、私が自分のパソコン中にしつらえた水槽は、背景を水草模様とし、置き物を沈没船と宝箱にした。この宝箱は、蓋がポコリと開いて、中のお宝が見えるという優れ物である。なんとまあ、蓋が開くときに、プクプクと泡まで出てくるという細かな配慮までされている。それらの脇に高低2本の水草を植え付けて水槽が出来上がり、その中に、金魚、グッピー、エンゼルフィッシュなどの大人しい魚を入れた。喧嘩っ早い魚を入れると大変なのは、本物と同じである。そのとき、「あれ、エンゼルフィッシュというのは海水魚ではないか? 川魚って、あったっけ・・・それと金魚は同居できるのか?」などという疑問がついつい頭を横切ったが、まあ、そんな枝葉末節はどうでもよい。一日経っても、ちゃんと健康そうに泳いでいるから、これでよいではないか・・・。

 (2009年10月9日記)


 ネオンテトラの赤ちゃん誕生は、こちらから。




【もうひとつお勧め → ぼくの金魚鉢】

 ちなみに、このブログには、一昨日の10月6日から、「ぼくの金魚鉢」というブログ・パーツを置いていて、金魚が3匹、いつも泳いでいる。これはまた別の方のサイトで、「『ぼくの金魚鉢』は、自由にレイアウトできる金魚鉢ブログ・パーツです。金魚をドラッグ&ドロップしてオリジナルの金魚鉢を作っちゃおう!」という。そして、次のようなステップを踏む。

 STEP1.金魚鉢を選ぶ(あさがお、たいこ、ワイグラスから選択)
 STEP2.砂利を選ぶ (びーだま、さんしょく、くろ、しろから選択)
 STEP3.金魚を選ぶ (りゅうきん、でめきんなどの現物から選択)

 これで完成して、あとは出来上がったパーツ自分のブログの基本設定HTMLに張り付けるだけである。
カテゴリ:徒然の記 | 23:35 | - | - | - |