<< 倉敷、琴平、鳴門への旅 | main | 初孫ちゃんは1歳 >>
上野東照宮の冬ぼたん

上野東照宮の冬ぼたんのポスター


 上野東照宮では、毎年お正月から2月の中旬頃まで、冬ぼたんの展示会が開かれている。冬ともなると、私のような写真愛好家はこれといって撮る被写体がないと困るものだけれど、その点、このぼたん苑の冬牡丹は見るからに豪華なので、たいそう助かる。それに自宅から10分程度と、近いのも有り難い。今回も、隣の伊豆栄で鰻を食べようといって、家内を誘い出したのである。

冬ぼたん



 上野東照宮のHPによると、春のぼたん祭という項には「牡丹の花は『富貴』の象徴で『百花の王』と呼ばれています。上野東照宮ぼたん苑は昭和55年に日中友好を記念して開園しました。当初は上海、洛陽植物園から寄贈された中国牡丹を中心に70品種でしたが、現在では約250品種、3200株の日中洋の牡丹があでやかに咲き誇ります」とある。なるほど、「百獣の王」ならぬ「百花の王」ねぇ・・・まあ、それはともかく、中国の本場からの牡丹を元に、それを発展させていったというわけだ。それから冬ぼたんという項には「寒牡丹の花はその年の気象に大きく左右され、着花率は二割以下といわれています。そこで、花の少ない冬にお正月の縁起物として抑制栽培の技術を駆使して開花させたものが冬牡丹です。春夏に寒冷地で開花を抑制、秋に温度調整し冬に備えるという作業を丸二年を費やし、厳冬に楚々とした可憐な花をつけます」とある。ははあ、こういう厳冬の時期に咲かせるためには、相当の工夫というか、高度な技術を要するというわけだ。

冬ぼたん



 ということで、その寒牡丹をひとつひとつ見ていった。ピンク、赤、黄、白などの原色の花がほとんどだが、白と赤のまだら模様の花もある。形は、花弁がひらひら、モコモコとしていて、まるで高校の文化祭で女の子たちがティッシュ・ペーパで造った造花のような風情を醸し出す。花の真ん中には黄色い雄しべの塊がある。それが藁で囲われた花は、とても可憐である。確かに写真写りがよい美しい花ではあるものの、高校の文化祭の造花の連想で、日本ではいささか損をしている花であるとも思う。その結果、たとえば薔薇のように、造り出された品種に育種者の知性すら感ずるというところまではいかないのではないかと思うが、いかがであろうか。

上野大仏のお顔



 それから、帰りに、上野大仏のお顔を拝見してきた。この大仏は、本来高さ約6メートルの堂々たる釈迦如来坐像だった。ところが、1647年と1855年にはそれぞれ地震、1923年にも関東大震災、1940年には金属資源として顔面部以外を軍に供出して胴体部がなくなってしまった。その結果、現在では顔面部だけがレリーフとして保存されているという誠に可哀そうな仏様である。

 そういうわけで、本来であれば、鎌倉の大仏様と比肩されてしかるべきなのに、世の荒波を一身に受けて来られたものと見え、今ではそのお顔だけが、パゴダの塔の脇に、ひっそりと置かれている。上野公園に行く機会がおありなら、是非とも参拝していただきたい。




 冬ぼたん展(2010年)( 写 真 )は、こちら。

 冬ぼたん展(2011年)( 写 真 )は、こちら。

 冬ぼたん展(2011年)(エッセイ)は、こちら。



(2010年 1月17日記)

カテゴリ:写 真 集 | 18:54 | - | - | - |