<< 徒然171.ネオンテトラの赤ちゃん | main | 徒然173.トヨタのリコール問題 >>
徒然172.湯島天神と神田明神

神田明神前の天野屋の紅梅


 近くに、湯島天神と神田明神という、全国的にも有名な二つの社があるので、これに根津神社を加え、「三社めぐり」だと称して、よく散歩をしている。この受験の季節になると、このうち湯島天神が特に賑わっている。受験で合格を願う絵馬の山が日毎に太ってきて、もうお腹が満腹といった風情になる。するとその頃、ちょうどよい具合に白梅と紅梅が咲き始めて、来月からは「梅まつり」が始まるというのが、毎年の歳時記である。まあ、ゆっくりと写真をご覧いただきたい。

湯島天神


湯島天神で絵馬を書く人々


湯島天神の絵馬


湯島天神の白梅



 さてその次が、湯島天神から10分くらい歩いて着く神田明神である。こちらの名物は、いうまでもなく神田まつりである。勇壮なお祭りで、一見に値すると思うが、行われるのは2年に一回なので、陰の年になると見られないのが難点である。それはともかく、何しろこちらは大手町から神田一帯に氏子が広がっていて、しかも有力企業が多いので、いつ行っても境内はすっきりとして綺麗で、華がある社といえる。昨日は、神前結婚式が行われていた。

神田明神の参拝で列を作る人たち


神田明神


神田明神の茅の輪くぐり


神田明神の神田まつりの絵が描かれた舞殿



(2010年1月31日記)


カテゴリ:徒然の記 | 18:36 | - | - | - |