<< 国内の別荘より海外のホテル | main | 月見おわら 2017年 >>
叔父さん達の思い出と軍歴

00.jpg


 昨年の夏前、「父の思い出と軍歴」というエッセイで、私の父の軍歴証明書を本籍のある県に問い合わせて送ってもらい、父を偲ぶ「よすが」としたという趣旨のことを書いた。それから1年ほど経って、実家にあった、「古いアルバム写真のデジタル化」を進めていったが、その過程で、私の祖母や父、そして叔父さんと叔母さんの若き日の姿が収められた写真を拝見して、何とも懐かしい気持ちになった。私の祖父は、終戦後まで存命だったが、私が生まれる直前に亡くなったので、私自身はその顔を知らない。ところが、この写真の中では、元気な顔をして写っているので、まるで会ったような気がした。

 ところで、そのエッセイの中で、私はこう書いた。「父の2人の兄さん達は辛酸をなめた。5歳上の長兄は、私にとって誠に頼りになる叔父さんだったが、フィリピンに6年間も派遣され、最後は生と死の境を彷徨い、どうやら生還した。帰国してからも、時折マラリアの発作に苦しんだ。3歳上の次兄は、確かガダルカナルの戦いに参加したと聞く。ガダルカナルといえば、補給作戦が徹底的に妨げられた結果、武器弾薬どころか食糧が圧倒的に不足し、加えてマラリヤにも苦しめられて、将兵は骨と皮ばかりに痩せ細り、派遣された約3万人中、およそ5千人が戦闘で死亡、1万5千人が餓死又は病死し、帰還できたのは1万人だったと聞く。あまりにも餓死が多いので「餓島」とさえ言われたそうだ。そういうところから、叔父さんは何とか帰還することができた。とても温和な叔父さんだったが、そのときの無理がたたったのか、戦後十数年して急逝してしまった。」

 しかしながらこれは、亡くなった父から聞いたことで、叔父さんたちに確かめたわけではない。もっとも、確かめようにも、叔父さんたちも既に鬼籍に入っているから、直接聞くことはできない。さりとて、わざわざ私の従兄弟たちに聞くほどのことではないし、例え聞いたとしても、特に次兄叔父の方の従姉妹は、まだ小学生のときに父親が亡くなっているから、知らない可能性が高い。そういうことで、家系を把握するという意味では画竜点睛を欠くので長年気にはなっていたことではあるが、確かめようがないので、そのままにしておいた。ところがこのほど、解消する糸口を意外と簡単に見つけることができた。3親等以内の親族であれば、軍歴証明書を取り寄せられるというのである。叔父さんたちは、もちろん私の3親等に当たる。このお2人が召集されたのはいずれも陸軍であるから、父の軍歴証明書を交付してもらったのと同じ手続でよい。まず、県に対して電話で、叔父さんたちの名前と生年月日、召集時の本籍地を伝え、軍歴証明書があるかどうかを聞いた。すると、あるという。そこで、書類一式を揃えて、交付申請をした次第である。


01.jpg


 県庁から届いた叔父さんたちの軍歴証明書を開いてみた。父のものと違って、びっしりと書いてある。まず、長兄叔父は、昭和14年12月に歩兵連隊の中隊に歩兵として入営し、大阪港から出発して青島に上陸した。そして、その辺りの警備についたとある。ところが翌年、安徽省での戦闘で左肩に盲管銃創という重傷を負ってしまった。「現認証明書」という書類が添付されていて、「昭和15年○月○日、安徽省○○附近に於て戦闘中敵弾に依り左肩○○に受傷したる事を現認す」とあり、中隊長と軍医が証明している。そういえば、父の残したアルバムに、白い傷病兵姿の叔父さんの写真があった。その年のうちに傷は完治したということになって、原隊復帰した。警備任務が多かったということは、身体がまだまだ本調子ではなくて辛かったと思うが、それから1年間、中原会戦を含む「支那事変勤務」としてそのまま中国に留め置かれた。そして、昭和16年末の太平洋戦争の開戦に伴って、翌昭和17年2月「南方派遣のため」として青島から出発した。

02.jpg


 9日後に着いたのが、フィリピンのリンガエン湾にあるマビラオである。開戦直後に日本軍のフィリピン侵攻のM作戦で、この湾も上陸地点となって戦闘が行われたところである。初戦でクラーク飛行場の米軍航空戦力をあらかた破壊したことから、作戦は順調に進み、約1ヶ月後の昭和17年1月2日にはマニラが陥落した。ところが、米比軍はマニラ湾のバターン半島に立てこもり、強力に抵抗した。日本側は当初これほどの兵力を蓄えまた要塞化がされているとは予想もせず、1旅団を差し向けたが、全滅に近い大きな被害を被った。これが、第一次バターン攻略戦である。そこで、大本営は十分な兵力を集中させて一気に攻略する計画を立て、中支、香港からの応援部隊を加えて第二次バターン攻略を目指すことになった。だから長兄叔父は、その中支からの応援部隊の一員だったのである。それが4月に一段落した後、同17年中は、北部のルソン島、中部のビサヤ諸島の平定作戦に参加した。

03.jpg


 それから、「転進のため」ということで再び船に乗せられ、昭和17年12月にマニラ港を出発して、仏領印度支那のサイゴン(現在のホーチミン)港に上陸し、更にハノイの近辺にあるハイフォンに到着した。次いで中越国境の地ラオガイに着いて、同地付近を警備した。昭和18年のお正月は、この地で迎えた。そのままラオガイ省にいて、昭和19年11月から翌20年1月まで中越国境を通過して、中国で展開された一号作戦に参加した。この作戦は、日本本土の爆撃に使われる中国国内の米軍航空基地を攻撃するとともに、物資輸送のために華北、華南、仏領インドシナを通貫するルートを確保しようというものである。しかし、長兄叔父が参加したのは、もはやそれが終わりかけの1ヶ月ほどのものである。その後、20年3月から5月にかけての明号作戦、つまりそれまで共同統治の相手方だったヴィシー・フランス軍を日本軍が攻撃して単独統治にした事件に参加した。それが終わってから、ハノイで警備任務に着き、8月15日の終戦はそこで迎えた。翌21年4月に帰還のためハノイ港から乗船して、3週間かけて浦賀港に上陸したとある。6年余にわたる辛かった兵隊生活が、これでやっと終わった。

 私の知っている長兄叔父は、実に温和で優しい人だった。私や妹の結婚式では、親族を代表して、心温まる挨拶をしていただいて、非常に有り難かった。父と仲が良く、いずれも銀行を退職してからは、お互い近くに住んで、共通の趣味の釣りによく行っていたものである。その人が、こんな大変な戦争体験をしていたとは想像もしなかった。この叔父さんは、銀行を退職後、自分の会社を立ち上げてそれを立派な会社に育て上げ、それを息子に譲って、引退した。それから悠々自適の生活を楽しんだ後、70歳代で亡くなった。


04.jpg


 さて、次兄叔父の従軍期間は約4年余と、長兄叔父に比べれば約半分である。ところが、行き先は、聞いていた通りガタルカナルと、そしてラバウルである。戦車兵として、昭和17年1月に入営した。するとすぐに、胸膜炎になって、入院してしまった。それが秋に治癒して10月に復帰した。翌18年1月、宇品港から出発して南洋群島コロル島パラオに到着し、次いでビスマルク群島ニューブリテン島ラバウル港上陸して戦車隊に入り、そこでココボ付近警備と軍主力ガタルカナル島作戦業務に従事した。ちょうどこの昭和18年2月は、ガダルカナル島で米軍と鍔迫り合いを演じていた日本軍の敗退が確定的になり、命令によって同島から日本軍兵士が撤退した時期である。所属した軍団が壊滅したりしたせいか、次兄叔父の所属と任務についての記録もめまぐるしく変わっている。「3月○日中隊主力ココボ附近上陸終結復帰。第17軍の隷下を脱し第8方面軍の隷下に入らしめる。5月○日軍令陸甲第○號により現地復帰下令。同31日復帰完結。同日戦車第○連隊に編入。同日第港中隊に編入。同日ラバウル附近の警備」とある。ともあれ、何とか生き残って再びラバウルに戻ることができた。

 それ以降の記録は、「昭和18年5月より10月まで第一次ビスマルク戦に参加。11月より昭和19年3月まで第二次ビスマルク戦に参加。編成替えを経て昭和19年3月より10月まで第三次ビスマルク戦に参加。11月より昭和20年4月まで第四次ビスマルク戦に参加。同年4月より8月まで第五次ビスマルク戦に参加」とある。その間に、兵精勤章を2度もらっている。ところで、この「ビスマルク戦」とは、一体、何だろう。その頃、近くで行われたビスマルク海戦のこのことかと思ったが、そうではないようだ。ガダルカナル島が米豪軍の手に落ち、次に来るのはニューブリテン島の日本軍のラバウルかと思われた。ところが戦況の悪化で、補給がままならない。そこで第8方面軍は、戦闘力の保持と食糧の確保のため、陣地の構築や食糧の生産を進めたそうで、それを称してビスマルク戦と言ったそうである。

 一方、米軍はガダルカナルを落とした後、手強い抵抗が予想されたラバウルを避けて、いわば飛び石のように島を伝って北上し、フィリピンや日本本土を目指したため、これ以降、ラバウルが巻き込まれた大きな戦闘はなかった。そのようなわけで、昭和20年8月15日の終戦時には、ラバウルには6万9000人の将兵がいたという。次兄叔父もその一人で、昭和21年4月にラバウルを出発し、わずか10日間で名古屋港に到着している。帰国の時期は長兄叔父とほぼ同じだったので、海外に派兵された2人の子供が無事に帰ってきた両親の喜びはいかばかりだったか思うと、胸が熱くなる。ちなみに私の父は国内に留まっていたので、こちらも無事だった。あの戦争の時代に、3人の男の子を持って、いずれも命を永らえて帰ってくるというのは、あるいは珍しいことだったかもしれない。終戦時の長兄叔父は軍曹、次兄叔父は伍長だったから、それなりに務めを果たしたのだと思う。

 次兄叔父が一時送られたガダルカナル島では、昼夜を分かたず米豪軍の砲撃がある一方で、日本軍の兵站が全く届かず兵士は常に飢餓状態に置かれたそうだ。昭和18年2月の撤退時には、送られた兵員31,358名に対して、撤退できたのは10,665名と言われている。撤退できなかった兵員のうち、戦闘による死亡は約5,000名、餓死や病死が約15,000名とされている(NHK「ガタルカナル島 学ばざる軍隊」平成12年)。そのような惨状にあって、よく生き残ったものだと思う。ただ、残念なことに、そのときの無理がたたったのか、次兄叔父は、戦後十数年して奥さんと1人の女の子を残して急逝してしまった。心臓麻痺だったと聞いているが、誠に残念なことである。亡くなられたとき、私は確か小学校6年生で、私のいとこであるその女の子は4年生だったように記憶している。亡くなる前は、家族ぐるみでよく行き来したものだった。優しい叔父さんという印象が残っている。その人が、結局のところ、この戦争の犠牲になった。つくづく、戦争とは罪作りなものだと思う。




(2017年9月18日記)


カテゴリ:エッセイ | 16:20 | - | - | - |