<< ひたち秋祭り 郷土芸能大会 | main | 逗子の流鏑馬 >>
即位礼正殿の儀

おことばを読まれる天皇陛下。宮内庁のHPより


1.即位礼正殿の儀に参列

 令和元年10月22日、宮中で「即位礼正殿(そくいれいせいでんのぎ)の儀」が粛々と挙行された。既に5月1日には剣璽等承継の儀と即位礼正殿の儀が挙行されているので、それに引き続く今回の儀は「御即位を公に宣明され、その御即位を内外の代表がお祝いする儀式」である。当日は、200人近い外国の元首や祝賀使節を含めて、総数約2,500人が宮殿に参列した。

 光栄なことに、私もその一人として招かれ、参列することができた。朝9時半に迎えに来た車に乗って10時過ぎに皇居に着くと、宮殿内を豊明殿に案内され、そこに並べられた数多くの椅子の一つに腰を掛けた。周りの方はほとんど男性で、モーニング・コートに身を包んでいる。目の前は、宮殿の中庭である。残念ながらこの日は雨で、しかも風がますます強くなってきた。


2.当日の中庭と参列者の配置

 中庭には色とりどり、形も様々な「旛(ばん)」と呼ばれる旗が縦二列に立てられ、それらが風に吹かれてはためいている。事前の話では、中庭には王朝絵巻のように、武官の装束姿の「威儀(いぎ)の者」や、太刀、弓、盾などの「威儀物(いぎもの)」を持った者たちが並ぶはずだったが、この日は残念ながら雨や風の天候がそれを許さない。


当日の中庭。官邸広報ビデオより


 我々のいる豊明殿の左手が長和殿で、外国の元首や祝賀使節が座っておられる。それに相対する右手が正殿で、そちらに向かって白木の階段が造られ、その上り先の中央が松の間である。そこに、平安時代そのものの宮中の伝統装束を身にまとった天皇皇后両陛下が、それぞれ、京都御所から運ばれてきた「高御座(たかみくら)」と「御帳台(みちょうだい)」に登壇されて、即位を内外に宣明される手筈らしい。

高御座。官邸広報ビデオより


御帳台。官邸広報ビデオより


私がいた豊明殿。官邸広報ビデオより


 豊明殿にいて見上げると、大きなスクリーンがあり、天皇皇后両陛下のご業績として、各地の訪問や日本学士院賞授章式の模様を映し出している。画面が切り替わったときに、ほんの1秒にも満たないくらいの極くわずかな時間だけど、何とまあ、私自身が画面の右端に出てきてびっくりした。ああ、あの時のことかと思い当たったが、ビデオに撮られていたとは思わなかった。


3.儀式直前の様子

 さて、外の雨が、しとしととした弱い降りから少し強くなってきた中を、豊明殿の中で大勢の一人として椅子に座ってひたすら待つ。小1時間経ち午前11時になり、更に1時間経ってお昼になった。何も起こらない。更に待つこと30分ほどで、ようやく動きがあった。正殿に向かって左手の北渡から平安時代そのままの衣冠束帯姿で一列になって貴人が歩いてくる。黒い姿の人物に先導されて渋いオレンジ色の衣冠束帯姿の秋篠宮が歩いて来られ、それから十二単姿の同妃殿下、眞子女王、佳子女王が続く。シューシューという聞き慣れない音が聞こえると思ったら、これは絹による衣擦れの音そのものだ。


皇嗣一家のお四方は、松の間の中で高御座に向かって左手に立たれた。官邸広報ビデオより


常陸宮殿下ら他の皇族方が一列になって入って来られて、右手に立たれる。官邸広報ビデオより


 そしてこれら皇嗣一家のお四方は、松の間の中で高御座に向かって左手に立たれた。表現の順序は前後してしまったが、その前に首相、衆参議長、最高裁判所長官が一列になって入ってきて、皇嗣一家の後ろの位置に既に立っている。次いで、常陸宮殿下ら他の皇族方が一列になって入って来られて、右手に立たれる。女性皇族方はもちろん十二単姿で、誠に艶やかである。

皇嗣一家のお四方の側から高御座を見る。官邸広報ビデオより


黄櫨染御袍を着用された高御座の天皇陛下。官邸広報ビデオより


十二単姿で御帳台におられる皇后陛下。官邸広報ビデオより


高御座の天皇陛下と御帳台の皇后陛下。官邸広報ビデオより


 さて、その状態で待つ。カメラは、高御座を詳しく映す。頂上には鳳凰が、スカート部分には唐獅子のような図柄が配してあり、その間は紫色の幕で覆われている。午後1時を過ぎた頃、「チン」という合図で高御座と御帳台の正面がそれぞれ二人ずつの侍従と侍女によって左右に開かれた。すると、天皇皇后両陛下がそこにおいでになった。天皇陛下は専用の装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を着ておられ、皇后陛下は十二単姿である。天皇陛下に、侍従が「おことば」の紙を差し出す。それを広げて陛下がお読みになったのが、次のお言葉である。


4.おことばと寿詞

(1)天皇陛下のおことば


おことばを読まれる天皇陛下。官邸広報ビデオより


おことばを読まれる天皇陛下。官邸広報ビデオより


 「さきに,日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い,即位を内外に宣明いたします。

 上皇陛下が30年以上にわたる御在位の間,常に国民の幸せと世界の平和を願われ,いかなる時も国民と苦楽を共にされながら,その御心を御自身のお姿でお示しになってきたことに,改めて深く思いを致し,ここに,国民の幸せと世界の平和を常に願い,国民に寄り添いながら,憲法にのっとり,日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

 国民の叡智とたゆみない努力によって,我が国が一層の発展を遂げ,国際社会の友好と平和,人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。」


 ちなみに、このおことばの時には、不思議なことに降り続いていた雨が止んで空には青い部分が広がり、あまつさえ虹が出たのには驚いた。

(2)安倍内閣総理大臣の寿詞


寿詞(よごと)を述べる安倍首相。官邸広報ビデオより


 これに引き続いて、安倍総理は、次のように寿詞(よごと)を述べた。

「謹んで申し上げます。

 天皇陛下におかれましては、本日ここにめでたく『即位礼正殿の儀』を挙行され、即位を内外に宣明されました。一同こぞって心からお慶び申し上げます。

 ただいま、天皇陛下から、上皇陛下の歩みに深く思いを致され、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、日本国憲法にのっとり、象徴としての責務を果たされるとのお考えと、我が国が一層発展し、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを願われるお気持ちを伺い、深く感銘を受けるとともに、敬愛の念を今一度新たにいたしました。

 私たち国民一同は、天皇陛下を日本国及び日本国民統合の象徴と仰ぎ、心を新たに、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を創り上げていくため、最善の努力を尽くしてまいります。

 ここに、令和の代の平安と天皇陛下の弥栄をお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。」


 続いて安倍内閣総理大臣の主導で万歳三唱が行われ、我々参列者がこれに唱和する。これに合わせ、「ドーン」、「ドーン」という腹に響く音がしたが、これは皇居に隣接する北の丸公園で陸上自衛隊が礼砲を21発打ち鳴らしたからだと知った。

 そういうことで、式次第が全て終了して帰途に着いたが、何しろ参加人数が多いものだから、私の番になって豊明殿から出たのは午後3時を過ぎていて、内閣府を経由して自宅に帰り着いたのは、4時頃になっていた。帰ってモーニング・コートを脱ぎ捨ててから、どうも喉が乾いたなと思ったら、この間、飲まず食わずだったことに気が付いた。世紀の行事に出席させていただいて、固唾を飲んで見ていたので、喉が渇くのも空腹すらも忘れてしまった。まあ、格好のダイエットになったかもしれない。


5.饗宴の儀

(第1回) その10月22日夜は、海外賓客248人を迎えた祝宴「饗宴の儀(きょうえんのぎ)」が宮殿で行われた。これは、両陛下が「祝宴に臨んで即位を披露し祝福を受けられる儀式」といわれる。

 宮内庁によれば、「天皇陛下は燕尾服を着用され、『大勲位菊花章頸飾』という最高位の勲章などを身につけられていた。また皇后陛下はローブデコルテというロングドレスを着用し、上皇后さまから受け継いだティアラや勲章を身につけられていた。まず『竹の間』でおよそ1時間にわたって出席者から順番に挨拶を受けられた。その際、挨拶を終えた出席者は『春秋の間』に移動し、食前の飲み物を手に秋篠宮ご夫妻など皇族方と和やかな雰囲気で歓談を行った。ここでは、宮内庁の楽部職員が『太平楽(たいへいらく)』と『舞楽(ぶがく)』を演じたという。また、『松の間』では儀式で使われた『高御座』と『御帳台』を間近で見る機会も設けられた。

 それから出席者は皇族方とともに食事会場の『豊明殿』に移り、午後9時すぎ、両陛下が部屋の奥にあるメインテーブルの中央に着席されて食事が始まった。食事は上皇さまの即位を祝った前回をほぼ踏襲した和食で、まつたけやくりなど秋の味覚も取り入れた合わせて9品が出された。食事のあとは『春秋の間』に場所を移し、食後酒やコーヒーなどが出されて、和やかに歓談が行われたということである。宮内庁によれば、この第1回目の『饗宴の儀』の食事は上皇さまの即位を祝った前回をほぼ踏襲する形で、次の和食が供された。この食事の後は『春秋の間』に場所を移して食後酒やコーヒーなどが出される中、和やかに歓談が行われた。」
という。

 ▽「前菜」は、かすごたいの姿焼きや蒸したあわび、ゆり根、くりなど(扇の形をした木の器に盛りつけ)
 ▽「酢の物」は、スモークサーモン
 ▽「焼物」は、アスパラガスの牛肉巻き
 ▽「温物」は、ふかひれやまいたけが入った茶わん蒸し
 ▽「揚物」は、かに、きす、若鶏の三色揚げ
 ▽「加薬飯」は、たけのこやしいたけが入ったたいのそぼろごはん
 ▽「吸物」の具には、伊勢えびのくず打ちやまつたけ
 ▽「果物」として、イチゴやマスクメロン、パパイヤ
 ▽「菓子」として、和菓子

(第3回) 饗宴の儀は、10月22日(火)の第1回に引き続いて25日(金)には第2回、29日(火)に第3回、そして31日(木)に最後の第4回が開催された。実は私は、もう退官しているので、そのうち第3回に招かれた。元議員や地方公共団体の長などと同じグループである。もうこの回になると、もちろんシッティング・ディナーではなく、内容も簡略化されている。

 まず松の間に案内されて、高御座と御帳台を間近で見た後、春秋の間に案内された。そこで、立ちながらワイン、日本酒、ビール、烏龍茶、ジュースなどをいただきながら知人友人と雑談していると、雅楽の演奏が聞こえてきた。演目は、「平調音取(ひらじょうのねとり)」、「五常楽急(ごじょうらくのきゅう)」、「越殿楽(えてんらく)」などである。


松の間で控えていると天皇皇后両陛下と皇族方が入ってこられた。官邸広報ビデオより


天皇皇后両陛下と皇族方が入ってこられた。官邸広報ビデオより


 そしてしばらくあって、天皇皇后両陛下と皇族方が入ってこられた。天皇陛下がご挨拶をされた後、参加者を代表してどなたかがお祝いを述べ、それから懇談に入った。天皇皇后両陛下は主に最前列に陣取った人たちとお話をされていたが、私は暫くぶりに会った友人と後方で話をしていたところ、思いがけず、承子女王殿下がおいでになって、しばし歓談申し上げることになり、とても光栄に感じた次第である。

鯛が入ったお膳


祝い物のお菓子


菊の御紋の入った杯


 それが終わり、帰り際に次の写真のような鯛が入ったお膳、祝い物のお菓子、そして記念品のボンボニエールをいただいた。宮内庁によれば、今回のボンボニエールは丸みを帯びた形で、直径6センチで高さは3センチ余り。表面には前回と同じように菊の御紋と「鳳凰」の模様があしらわれており、中には色とりどりの金平糖が入っている。前回の上皇様のときにいただいた2つのボンボニエールと今回のものを並べると対になるようにデザインされているという。

御紋付真鍮製銀鍍金仕上ボンボニエール


 なお、外国からの賓客には銀製のものを贈られたと聞いたが、我々がいただいたものは、どうも真鍮製らしい。もしかしてと思って入札情報を調べてみたところ、「御紋付真鍮製銀鍍金仕上ボンボニエール」は、2,150個の製造を入札にかけられ、1個当たり5,694円の単価で、銀座の「(株)宮本商行」という会社が落札したらしい。かくして最近は、何でもわかるから良いような悪いような・・・。

 ともあれ、世紀の慶事に参加することができて、誠に光栄に思った次第である。ところで、即位に伴うパレード「祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)」は、台風19号の被害が大きかったことから、これを踏まえて11月10日に延期された。


6.祝賀御列の儀

祝賀御列の儀


 天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が、平成元年11月10日午後3時から30分をかけて、皇居・宮殿 → 皇居前広場 → 桜田門 → 国会議事堂前 → 永田町 → 赤坂 → 青山一丁目 → 赤坂御所のコースで行われた。私も両陛下の晴れ姿を拝見するために行ったのだが、始まる2時間半前ではやや遅かったようで、残念ながら冒頭の写真を取ったあとは、あっという間に目の前を通り過ぎられてしまった。


7.大 嘗 祭

 11月14日の夕方から15日未明にかけて、大嘗祭が執り行われる。天皇が即位後はじめて行う新嘗祭である。これで、剣璽等承継の儀・即位後朝見の儀から始まる一連の行事が終わる。





(備 考) このエッセイ中の写真は、直前の5枚を除き、首相官邸の広報ビデオから複写したものである。







(2019年10月22日記、同29日、11月10日追記)


カテゴリ:エッセイ | 23:19 | - | - | - |