<< 須藤公園と金宝樹 | main | 不許葷酒入山門 >>
徒然304.マイナポイント

マイナポイントのHP1


 特別定額給付金(平成2年春の新型コロナウイルス禍に際して、全国民に10万円を支給する事業)に関してオンライン申請の方法を調べていた時に、「マイナンバーカードでマイナポイント」というキャンペーンがあることを知った。これは、「マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業で、マイナポイントの申込を行った決済サービスの利用(チャージまたは購入)額に応じて付与され、プレミアム率はチャージ額または購入額の25%で上限5千円分」だそうだ。つまり、対象の決済サービスを2万円使ったりチャージしたりすると、5千円分がポイントとして付与されるというわけである。それにしても、25%というのは大盤振る舞いだ。平成元年10月から消費税を8%から10%に引き上げたが、その罪滅ぼしというわけだろう。

マイナポイントのHP2


 頭の体操としてちょうど良いから、私もマイナンバーカードで手続をしてみることにした。まずは「マイナポイント予約(マイキーID設定)」をしなければならない。これは、各種オンラインサービスで本人を認証するために使うものらしい。その上で、7月から「申込み」が始まる。これは自分が実際に利用するキャッシュレス決済手段をひとつ選んで「紐付け」する。そして、そのキャッシュレス決済手段を使うと、ポイントが還元されるという。それが9月から来年3月まで、予算のある限り続くそうだ。予算は、4000万人分、用意しているとのこと。

マイナポイントのHP3


 それではマイキーIDの設定をしよう。パソコンから行う方法とiPhoneから行う方法とあるが、パソコンはプラウザがEdgeやChromeではできないようなので、iPhoneにした。まずは、「マイナポイント」というアプリを入れ、それを起動する。マイナンバーカードの上にiPhoneを乗せて読み取らせる。同時に4桁の暗証番号を入れる・・・あれ、読み取ってくれない。二度三度とやってもダメだ。中断して理由を調べてみると、下が金属だと読めないらしい。場所を変えてやってみると、成功した。家内のマイナンバーカードも同様に成功し、二人のマイキーIDを取得した。あとは、7月の紐付けを待つたけだ。でも、この一連の作業は、ITに詳しくない高齢者には、難しいだろうな・・・一種のデジタル・デバイド現象であるが、このところますます進んでいると感じる。

 ところで、マイナポイントの対象として、6月6日現在でどんなものが登録されているのかと調べてみた。すると、クレジットカードのグループでは「dカード」や「楽天カード」は知らないわけではないが、そのほとんどが「たんぎんバンクカード」、「ごうぎんカード」など地方の聞いたことのないカードばかりだ(前者は但馬銀行、後者は山陰合同銀行らしい。)。私が使えそうで馴染みのあるものといえば、電子マネーグループの「Suica」と「nanaco」、プリペイドカードグループの「auペイ」ぐらいしかないのには驚いた。クレジットカードのインターナショナル・ブランドである 「VISA」、「Master」、「JCB」が、どこにも見当たらない。一体どういうことだ。代わりに、「三井住友カード」のように、個別のカード会社単位で登録しているようだ。なぜだろう。一つの考えは、事業開始の9月まで時間があるので、まだ登録していないのか、あるいは2つ目の考えとして、これは日本国民の電子マネー化を推進する事業だから、ナショナル・ブランドでなければ助成しないつもりなのか、どうもよくわからないが、おそらく後者のような気がする。

 以上を踏まえると、私の場合は、「Suica」と「nanaco」しか使えないではないか。このうち、近くにイオンがないのからnanacoで半年間に2万円も使うことはない。だから「Suica」で使うしかないのか・・・国のやるのはどれも同じで、実に使い勝手の悪い制度である。それでは、9月に始まる時に、「Suica」に2万円をチャージすることにしよう。




(2020年 6月11日記)


カテゴリ:徒然の記 | 21:16 | - | - | - |